今回はScientistのアルバム

scientist_17a

「In Dub Volume 1」です。

ScientistことOverton Brownは、ミキサーや
ダブのクリエイターとして活躍した人です。
70代の後半にミックスやダブのスペシャリスト
King TubbyのスタジオKing Tubby'sで助手として
キャリアをスタートさせた彼は、そこで頭角を
現し、80年代のダンスホール・レゲエの時代に
なるとVocanoレーベルのHenry 'Junjo' Lawes
プロデュースの「漫画ジャケ・シリーズ」など
で人気のダブのミキサーになるんですね。
70年代のルーツ・レゲエの時代のダブとは
また一味違った、80年代のダンスホール・
レゲエのダブを創造したミキサーとして知られ
ています。

アーティスト特集 Scientist (サイエンティスト)

今回のアルバムはオリジナルは、1981年
にアメリカのJah Guidanceというところから
発売されたダブ・アルバムです。
プロデュースはLinval Thompson、演奏は
Roots Radics、ミックスがScientistという、
あの「漫画ジャケ・シリーズ」で活躍した
面々が揃ったアルバムです。

手に入れたのはDUB MIRというレーベルの
LP+CDという2つのメディアで聴ける
アルバムで、今年2016年にこのScientist
のダブ・アルバム3枚がLP+CDで発売
された中の1枚でした。

ちなみに他に同じ81年発売のダブ・アルバム
「Dub Landing」と「World At War」の2枚が
発売されています。

scientist_16a
Scientist ‎– Dub Landing (1981)

scientist_18a
Scientist ‎– World At War (1981)

Scientistというとやはりこの80年代前半
の、アーリー・ダンスホールの頃の活躍が
目覚ましいものがあります。
ネットのDiscogsなどで調べると、特にこの
81年の活躍は目覚ましく、共同名義のものも
含めると10枚以上のアルバムをリリースして
います。
翌82年もかなりの数をリリースしていて、
この頃がScientistのもっとも勢いのあった
時代だという事が解ります。

ところが84年以降はパッタリとリリースが
無くなるんですね。
そしてまた90年代になると再び彼名義の
アルバムがリリースされるようになります。
このあたりはあの80年代半ばに起きた
「コンピューター・ライズド」の大ブームと
何か関係があるんでしょうか?
この80年代半ばから起こったコンピューター・
ライズドの時代には、KIngu Tubby's時代の
兄弟子だった仕掛け人のPrince Jammy改め
King Jammyや師匠のKIngu Tubbyも活躍して
いるのに、このScientistの活躍はイマイチ
なんですね。

その辺は他のミュージシャンにもあったよう
に、デジタルに強い弱いで時代に乗れなかった
という事もあるかもしれません。
個人の実力を時代が凌駕するという事も、時に
は起きるんですね。
この時代は音楽業界に限らず、多くの職場で
それまで経験に頼っていたものがコンピュータ
に置き換えられた時代だったんですね。
それがすべて良かった訳でも、それがすべて
悪かった訳でもありません。
経験の中で生きていた多くのベテラン労働者が
職を失ったという側面もありますが、経験のない
若者が活躍できる場が広がったという側面も
あります。
一言で言えばそういう変わり目の時代だったん
ですね。
Scientist自身もそういう時代の変わり目で、
苦労した人だったのかもしれません。

話を戻しますが、のちに時代を凌駕する
Prince Jammyよりも、この80年代前半の
Scientistは輝いていたと言えると思います。
特にこの81年はその彼名義のアルバムの
リリースの多さから見ても、彼の絶頂期で
あったと考えられます。

あの80~82年まで続いた「漫画ジャケ・
シリーズ」を見ても、彼の一番素晴らしい作品
は、この81年にリリースされた「Scientist
Meets The Space Invaders」と「Scientist
Rids The World Of The Evil Curse Of The
Vampires」である事は間違いがありません。

scientist_05a
Scientist ‎– Scientist Meets The Space Invaders (1981)

scientist_01a
Scientist ‎– Scientist Rids The World Of The Evil Curse Of The Vampires (1981)

そういう素晴らしいアルバムが生みだせる
コンディションが一番整った時期が、この
81年頃だったんですね。

全10曲で収録時間は31分21秒。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Backed by Roots Radics Band

Drums: Style Scott, Santa
Bass: Errol 'Flabba' Holt
Organ: Winston Wright
Piano: Gladstone Anderson
Lead Guitar: Bo Pee
Rhythm Guitar: Sowell
Percussion: Sky Juice

Recorded at Channel One
Mixed at King Tubby's
Mixed by Scientist
Executive Producer: Linval Thompson

となっています。

プロデュースはLinval Thompsonで、演奏は
Roots Radics、ミックスはScientistという
組み合わせで、これは今回同時にリイシュー
された「Dub Landing」と同じ組み合わせです。

ドラムはStyle ScottとSanta(Carlton 'Santa'
Davis)が叩いています。
Roots RadicsというとStyle Scottの独特の
ワン・ドロップというイメージが強いですが、
実は初めのレギュラーのドラマーはSanta
だったんですね。
80~82年まで続いたScientistの「漫画
ジャケ・シリーズ」などを見ると、80年は
Santaが叩いていて、81年はStyle Scottと
Santaになり、82年はほぼStyle Scottと
なっているんですね。
今回のアルバムもその通りに、Style Scottと
Santaがドラマーとして連記されています。

ジャケットは、顔が半分に割れて真ん中に
置かれた容器からは泡立つ液体のようなもの
が見え、湯気のようなものが立ち上っています。
一見「アラジンの魔法のランプ」を連想させる
黒魔術的な絵柄にも見えます。
残念ながらイラストの作者の名前がありません。

さて今回のアルバムですが、やはりScientist
がもっとも活躍していた時代のアルバムだけ
あって、内容はとても良いです。
この80年代になるとレゲエもそれまでの
ルーツ・レゲエからダンスホール・レゲエへと
サウンドが変わって来るんですね。
それに伴ってドラム・ビートも、それまで流行
していたミリタント・ビートなどからスローな
ワン・ドロップが流行るようになるんですね。

そのワン・ドロップの新しいダブを創造し、
新しいクリエイターとして注目されたのがこの
Scientistだったんですね。
彼はそのワン・ドロップのスローでメローな
サウンドに、ヘヴィーでズシッと重いコアな
要素を盛り込んだんですね。
スローだけれどヘヴィー、実はこれってスゴイ
事なんですね。
今回のアルバムでもその魅力が堪能できます。

「Kissing Dub」や「Murder」、「Arise」など
というタイトルから、アルバムのテーマを考えて
みたのですが、イマイチ思いつきませんでした。
単純にダブを集めたアルバムという感じなの
かも。

1曲目は「Kissing Dub」です。
スローだけれどズッシリと重い、Scientistの
特徴のよく出た1曲です。
軸となっているのはErrol 'Flabba' Holtの
ズシッと重いベースで、それにワン・ドロップ
のドラム・ビートが乗るといかにもRoots Radics
というサウンドになります。
このヘヴィーさがScientistとRoots Radicsの
魅力なんですね。

2曲目は「Jumping Dub」です。
ワン・ドロップのリズムにムーディーなオルガン、
ちょっと入るヴォーカルと、妖し気な空気感が
満載の曲です。
ここでもFlabbaのズシッとしたベースが効いて
います。

Scientist ~ "Jumping Dub"


3曲目は「Murder」です。
ピアノのイントロからギターの刻むメロディ、
ベースとドラムのワンドロップのリズム、
Roots Radicsらしいズシッとした重さを持った
曲です。

4曲目は「Esha Rock」です。
YouTubeの記述などを見ると、入っている
ヴォーカルはSammy Dreadのようです。
こちらもRoots Radicsらしいタフなメロディ
に乗せた曲です。

Scientist - Esha Rock


5曲目は「Kreechie Style」です。
イントロはエフェクトのかかったドラミング。
そこからリピートするエフェクトと重いベース
のサウンドという曲です。
ここでもFlabbaのベースが活躍しています。
エフェクト使いにScientistらしさもよく出て
います。

Scientist - Kreechie Style


(LPでは次の曲からSide Ⅱになります。)

6曲目は「Tan Deh」です。
こちらもFlabbaのベースが中心の曲です。
このダンスホールの時代になると、薄い音が
好まれたのかホーンがあまり使われなくなる
んですね。
必然的にホーンの華やかなダブはあまり作れ
なくなり、ダブの主役はこのズシッとした
ベースという事になって行くんですね。
それはそれで悪くはないのですが、ちょっと
華やかさにかけるところがあり、ダブは徐々に
下火になって行ってしまうんですね。

Scientist ~ "Tan Deh"


7曲目は「Uplifted Dub」です。
こちらはオルガンのメロディから入る、明るめ
のダブです。
エフェクト使いのウマさが光ります。

8曲目は「Arise」です。
インパクトのあるドラムから重いベース、
エフェクトの使い方も絶妙な、よく計算された
ダブです。

9曲目は「Science」です。
ギターのメロディからヴォーカルという展開
のダブです。
スローなワン・ドロップが心地良いリズム
を刻み、徐々にドープな世界に引きずり込ま
れて行くような感覚のダブです。

Scientist In Dub(vol1) - Science


10曲目は「L7」です。
パソコンのiTuneでCDを再生すると、タイトル
が「17」となっているんですが、ジャケットの
表記はどうも「L7」に見えます。
ヴォーカルはHorace Andyか?
こちらもベースを軸にRoots Radicsらしい統制
のとれた演奏に、Scientistの絶妙のエフェクト
という曲です。

Scientist ~ "17" ~ Horace Andy


ざっと追いかけて来ましたが、やはり内容的
にもかなり素晴らしいアルバムだと思います。
書いたようにこの80年代のダンスホール・
レゲエの時代になると、薄い音が好まれたのか
ホーンがあまり使われないようになります。
そうなると楽器が少なくなる分曲に変化が
付けづらくなるせいか、ダブという音楽ジャンル
も徐々に下火になって行くんですね。
ただ今回このアルバムなどを聴くと、ホーン
が入っていないにもかかわらず全く不足を
感じないんですね。

そのあたりにこのScientistというミキサーが
いかに優れたミキサーだったか、その片鱗が
うかがえます。
この時代のスローでメローなダンスホール・
レゲエを、ヘヴィーでコアな音楽に変えた
人Scientistは、やはりレゲエの中でも特に
聴いておくべき音楽を作った人のひとり
なんですね。
このアルバムには彼の輝きが、確かに刻まれ
ています。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Scientist
○アルバム: In Dub Volume 1
○レーベル: DUB MIR
○フォーマット: LP+CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1981

○Scientist「In Dub Volume 1」曲目
1. Kissing Dub
2. Jumping Dub
3. Murder
4. Esha Rock
5. Kreechie Style
6. Tan Deh
7. Uplifted Dub
8. Arise
9. Science
10. L7