今回はScientistのアルバム

scientist_16a

「Dub Landing」です。

ScientistことOverton Brownは、ミキサーや
ダブのクリエイターとして活躍した人です。
70代の後半にミックスやダブのスペシャリスト
King TubbyのスタジオKing Tubby'sで助手として
キャリアをスタートさせた彼は、そこで頭角を
現し、80年代のダンスホール・レゲエの時代に
なるとVocanoレーベルのHenry 'Junjo' Lawes
プロデュースの「漫画ジャケ・シリーズ」など
で人気のダブのミキサーになるんですね。
70年代のルーツ・レゲエの時代のダブとは
また一味違った、80年代のダンスホール・
レゲエのダブを創造したミキサーとして知られ
ています。

アーティスト特集 Scientist (サイエンティスト)

今回のアルバムはオリジナルは、1981年
にUKのStarlight Recordsというところから
発売されたダブ・アルバムです。
プロデュースはLinval Thompson、演奏は
Roots Radics、ミックスがScientistという、
あの「漫画ジャケ・シリーズ」で活躍した
面々が揃ったアルバムです。

ネットのDiscogsなどでScientistの履歴を
調べると、この81年は彼の履歴の中でも
もっとも作品が多い年なんですね。
他のミキサーと連名も含めると10以上の
彼名義のアルバムがあります。
翌82年もけっこう多くこの80年前半は
彼の全盛期だった事が解ります。
ところが84年以降はパッタリと彼名義の
アルバムが無くなって、90年以降また彼の
アルバムがボチボチ出て来るようになります。

80年代半ばにレゲエ界で起きた事といえば、
やはりあの「コンピューター・ライズド」の
大ブームですよね。
彼の兄弟子Prince Jammyによるデジタル機材
による音楽制作コンピューター・ライズドは、
それまでの音楽制作を一新してしまうんですね。
その影響が彼Scientistにもあったんでしょう
か?
詳しくは解りませんが、Scientist名義の
アルバムが80年代半ば以降一時あまり無く、
ダブという音楽が下火になって行ったのは
否定できない事実です。

ちなみに今回手に入れたアルバムは、今年
2016年にDUB MIRというレーベルから発売
された、LP+CDという2つのメディアで
聴けるアルバムでした。
値段も税抜き2300円とCDぐらいの値段で
販売されていて、けっこうお得なアルバムだと
思いました。

このDUB MIRというレーベルからは、他に81
年のScientistのアルバム2作品、「In Dub
Volume 1」と「World At War」が販売されて
います。

scientist_17a
Scientist ‎– Scientist In Dub Volume 1 (1981)

scientist_18a
Scientist ‎– World At War (1981)

ちなみにこの「Dub Landing」というアルバム
は、翌年の1982年にScientistとPrince
Jammie(Jammy)による「Dub Landing Vol: 2」
という第2集が発売されているようです。

全10曲で収録時間は31分52秒。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Arranged by Desmond Poosy & Benup
Produced by Linval Thompson
Recorded at Channel One Studios by Crucial Bunny, Barnabas & Maxie
Mixed at King Tubby's by Scientist
Mastered by George at the Master Room

Roots Radics Band:
Bass: Flabba Holt
Drums: Santa
Lead Guitar: Sorvell
Rhythm Guitar: Bingy Bunny
Percussion: Sky Juice, Skully
Organ: Steely, Winston Wright
Piano: Gladdie

となっています。

Roots Radicsのメンバーの中で注目は、
ドラムをSanta (Carlton 'Santa' Davis)が
叩いている点です。
80~82年まで続いたScientistの「漫画
ジャケ」シリーズなどを見ても、80年の
レギュラー・ドラマーはSantaで、それが
81年はSantaとStyle Scottの二人が叩く
ようになり、82年になるとStyle Scottが
レギュラーに収まっているんですね。
そういうところを見ると今回のアルバムは、
81年の初めの頃の録音かもしれません。

さて今回のアルバムですが、正直なところ
ジャケットは今回発売された3枚のアルバム
の中で一番イマイチ感のある感じですが(笑)、
ズシッと重いベースを軸としたいかにも
Scientistらしい切れ味のあるダブで、
内容は本当に素晴らしいです。
Scientistのダブの中でも、特に聴いておく
べきダブのひとつなんじゃないかと思います。

やはりこのRoots Radicsのメンバーの中でも、
ベースのFlabba Holtの役割は特に重要なん
ですね。
彼のズシッと重いベースが、このバンドの
サウンドをうまく引き締めている点は見逃せ
ません。
一見ユルく見えるRoots Radicsのサウンドを
うまく引き締めているんですね。
独特のワン・ドロップとスパイスの効いた
ベースがこのバンドの特徴で、このアーリー・
ダンスホールの最高のバンドがRoots Radics
だった事は否定できない事実です。

またこの時代のScientistは、のちにレゲエ界を
支配する兄弟子Prince Jammy(のちにKing Jammy
に改名)を上回る活躍を見せています。
特にこの81年は彼の「漫画ジャケ」シリーズ
の代表作ともいえる「Scientist Meets The
Space Invaders」と「Scientist Rids The World
Of The Evil Curse Of The Vampires」を作るなど、
ノリノリの時代だったんですね。

scientist_05a
Scientist ‎– Scientist Meets The Space Invaders (1981)

scientist_01a
Scientist ‎– Scientist Rids The World Of The Evil Curse Of The Vampires (1981)

その好調さがこのアルバムにもよく出ていて、
重量感があるけれどキレキレという彼らしい
素晴らしいダブを作り上げています。
彼はその後時代の波乗り切れなかったような
ところもあるようですが、それでも彼がこの
時代に生みだしたダブは、レゲエという音楽が
生みだした「最高の果実」のひとつと言える
でしょう。
その果実を再び味わえるのは、本当に素晴ら
しい事です。

ちなみに今回のアルバムは「宇宙探検」が
テーマになっているようで、タイトルには
「Invaders」や「Landing(着陸)」、
「Attack」、「Galaxy」などのタイトルが
並びます。
そうしたタイトルから考えると、ジャケットも
抽象的な絵柄ではなく宇宙の絵柄ように見え
ない事もありません。

1曲目は「Invaders」です。
オルガンのメロディにエコーの効いたヴォーカル
というムーディーな始まりの1曲です。
独特の強調されたワン・ドロップのリズムが
印象的。

Scientist - Invaders


2曲目は「Landing」です。
印象的なドラミングと、ズンと重いベースを軸
としたダブです。
金属音のエフェクトなど、新時代のダブらしい
表情の付け方が随所に見受けられます。

Scientist - Landing


3曲目は「Dark Side」です。
こちらは野太いベースのサウンドを軸とした
ダブです。
このダンスホール時代になるとホーンの厚い
サウンドは好まれなくなるのか、ホーンが
あまり使われなくなります。
その分ダブ作りも難しくなり、ベースを中心
としたダブが多く作られるようになります。
特にRoots RadicsのダブではこのFlabba Holt
のベースが大きな役割を果たす形になるんです
ね。

4曲目は「Attack」です。
ちょっとこもったようなシンセのサウンドが
独特の世界観を作り上げています。
今では普通に聴こえてしまうこうしたサウンド
ですが、当時は最先端のサウンドだったんです
ね。
ユッタリしたワン・ドロップで、独特の不思議
な世界を作り上げているのが魅力。

Scientist - Attack


5曲目は「Beaming」です。
ちょっとこもったような独特のボワッとした
ようなサウンドに、かぶさるヴォーカル…
そして野太いベース…。
徐々に不思議な空間に引きずり込まれて行く
ような感覚が魅力。
(多少チリチリ音が入ります。)

Scientist - Beaming


(LPでは次の曲からがB Sideです。)

6曲目は「Vulcan」です。
こちらはベースを軸としたダブです。
金属音のエフェクトなどにScientistらしさ
がよく出ています。

7曲目は「Black Out」です。
心地良いドラムとベースのリズムを軸とした
曲です。
単純にインストとして聴いても魅力的。
演奏に力があります。

8曲目は「Time Passage」です。
こちらはベースを軸とした曲です。
野太いエコーの効いたベースが、独特の空間
を作り上げています。

9曲目は「Meteorite」です。
こちらもベースを軸に少しヴォーカルも入った
1曲です。
ズシッと包み込むようなベースに、ちょっと
セクシーなヴォーカル、さらにドープなエコー
とズブズブ異空間に引きずり込まれて行く
ようなダブです。

DUB LP- DUB LANDING - SCIENTIST - Meteorite


10曲目は「Galaxy」です。
こちらもベースにセクシーなヴォーカルと
いった曲です。
音の出入りのウマさも魅力。

Scientist - Galaxy


ざっと追いかけて来ましたが、やはりこの時代
のScientistは聴いておくべき音源が多いです。
そうした中でも今回の音源は、特に聴いておく
べき音源のひとつと言えると思います。
ズシッと重いFlabba Holtのベースを軸とした
Roots Radicsの名演もあって、いかにも
Scientistらしいヘヴィーでハード・コアな
ダブを実現したアルバムで、内容的には文句なし
のアルバムだと思います。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Scientist
○アルバム: Dub Landing
○レーベル: DUB MIR
○フォーマット: CD+LP
○オリジナル・アルバム制作年: 1981

○Scientist「Dub Landing」曲目
1. Invaders
2. Landing
3. Dark Side
4. Attack
5. Beaming
6. Vulcan
7. Black Out
8. Time Passage
9. Meteorite
10. Galaxy