今回はのアルバム

j_c_lodge_01a

「Someone Loves You Honey」です。

June Lodge (JC Lodge)は80年代から活躍
する女性シンガーです。
Joe Gibbsの元から出したデビュー・シングル
「Someone Loves You Honey」が、本国
ジャマイカで大ヒットを記録するなど活躍した
彼女は、その後もAugustus Gussie Clarkeの
元で出した「Telephone Love」が大ヒットする
など、ジャマイカのラヴァーズのシンガー
として活躍した人です。

アーティスト特集 JC Lodge (JC ロッジ)

今回のアルバムは1980年にJoe Gibbsの
元から出した彼女のデビュー・アルバムです。
この時代はまだJC Lodgeという名前ではなく、
June Lodgeという名義のアルバムになって
います。
June Lodge名義のアルバムはこの1枚で、
あとはJC Lodge名義でアルバムをリリース
している模様。

デビュー曲「Someone Loves You Honey」が
大ヒットし、Prince Mohammadとのデュエット・
ヴァージョンまで披露して、デビューから大活躍
した彼女ですが、実はこのデビュー曲Joe Gibbs
を破産に追い込んだ曲として知られています。

この「Someone Loves You Honey」という曲は、
アメリカのカントリー歌手Charley Prideの曲
だったんですね。
そのカントリー曲をレゲエ・アレンジし女性
に歌わせた訳ですが、Joe Gibbsはその著作権
料をCharley Prideに支払わず、訴訟に負けて
多額の賠償金を支払えずに破産してしまうん
ですね。
Errol ThompsonとのコンビThe Mighty Twoで、
良質な音楽を作ってきたJoe Gibbsはこれを機に
音楽業界から消えて行く事になります。

レーベル特集 Joe Gibbs (ジョー・ギブス)

ジョー・ギブス - Wikipedia

レゲエの世界は70年代ぐらいまではあまり
著作権の無いような世界で、人の曲をバンバン
勝手に使って勝手に曲を書き替えちゃうような
世界だったんですね。
ひとつにはプロデューサーの権限が強く、版権を
プロデューサーが持っていた事があるようです。
プロデューサーにとっては、誰が作った曲でも
勝手に使えた方が都合が良い訳です。

ところがそれがジャマイカ国内だけでは良かった
のでしょうが、海外まで絡んでくると当然著作権
という問題が起きて来るんですね。
おそらくこの80年代あたりになって来ると、
海外の曲などの著作権侵害の問題が、起き始めて
いたんじゃないかと思います。
そこでヤラかしちゃったのが、このJoe Gibbs
だったんですね。
想像ですが、おそらく多額の賠償金を請求された
のは、そうした著作権侵害への見せしめ的な意味
あいもあったんじゃないかと思います。

おそらくそうした事件をきっかけに、ジャマイカ
でも著作権が確立して行ったんじゃないかと思い
ます。
80年代のダンスホール・レゲエでは、70年代
のルーツ・レゲエの曲はあまり使われずに、それ
以前の時代のロックステディの曲がよく使われて
いるんですね。
もちろん曲が良いという事もあるでしょうが、
そうした10年以上前の曲が著作権フリー扱い
になっていたんじゃないかと思います。

もちろん著作権を守らないというのはいけない
事ですが、曲が自由に使える事でさらに新しい
リリックやメロディが生まれるという長所も
あったんですね。
ジャマイカの音楽はそうしたメタモルフォーゼ
を繰り返して、発展したという側面も否定でき
ません。

話を戻しますが、この「Someone Loves You
Honey」はそういうちょっと因縁のある曲なん
ですね。

全11曲で収録時間は40分26秒。
オリジナルは8曲で、2曲目「Make It Up」と
4曲目「Does My Ring (Hurt Your Finger)」、
7曲目「Kiss And Say Good-Bye」はCDボー
ナス・トラックです。
またオリジナルと曲順もだいぶ変わっている
ようです。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Executive Producer: Carl Gibson
Produced by: Joe Gibbs, Errol Thompson, Willie Lindo
Arranged by: Willie Lindo
Engineer: Errol Thompson
Assist. Engineer: Oswald Palmer
Bass: Lloyd Parks
Drums: Devon Richardson, Val Douglas
Rhythm Guitar: Willie Lindo
Lead Guitar: Winston Bown, Lennox Gordon
Acoustic Piano: Franklyn Waul, Winston Wright
Electric Piano: Alla
Organ: Winston Wright, Alla
Sax: Dean Fraser
Trumpet: David Madden, Chico Chin
Trombone: Ronald Robinson
Flute: Pee Wee
Harmony: Home T4

となっています。

バックはJoe Gibbsの録音なので、彼のハウス・
バンドThe Professionalsという事になると思い
ます。
Joe GibbsとErrol ThompsonのThe Mighty Two
のほか、Willie Lindoがプロデュースに名を
連ねています。

さて今回のアルバムですが、正直個人的には
ラヴァーズロックってそれほど得意分野では
ないのですが、そういうのが好きな人にとって
はけっこうツボのアルバムなんじゃないかと
思いました。
June Lodgeの歌いぶりはちょっと声量のない
印象ですが、歌がウマく心地良い高音を生かし
た歌い方でなかなか悪くありません。

私のように70年代のルーツレゲエあたりの
音源ばかり聴いていると、その時代のレゲエは
圧倒的に男性社会で、ほとんどの歌手が男性
なんですね。
そうした音源ばかり聴いた後にこうした女性の
声を聴くと、一服の清涼剤というかすごく魅力
的に聴こえるんですね。

1曲目は表題曲の「Someone Loves You Honey」
です。
原曲のCharley Prideの曲の曲も聴いてみたの
ですが、驚くほど平坦で面白みのない曲なん
ですね(笑)。
それをレゲエ・アレンジにして女性ヴォーカル
に変え曲に表情を付けたのは、The Mighty Two
の功績と言えるでしょう。
June Lodgeのスウィートなヴォーカルも魅力的
です。

June Lodge - Someone loves you honey


2曲目は「Make It Up」です。
CDボーナス・トラックとして追加された曲
です。
ユッタリしたリズムにちょっとか細い、伸びの
あるヴォーカルが魅力的な曲です。

3曲目は「Baby I'm Yours」です。
June Lodgeらしい伸びのあるヴォーカルを
生かした曲です。

June Lodge - ''BABY, I'M YOURS''.wmv


4曲目は「Does My Ring (Hurt Your Finger)」
です。
こちらもCDボーナス・トラックです。
ユッタリした優しいヴォーカルの曲です。

5曲目は「Push Over」です。
エレクトリック・ピアノに乗せた伸びのある
ヴォーカルの曲です。

6曲目は「More Than I Can Say」です。
ポップス歌手のLeo Sayerのヒット曲の
カヴァーです。

7曲目は「Kiss And Say Good-Bye」です。
こちらもCDボーナス・トラックです。
こちらはソウル・グループThe Manhattans
のヒット曲のカヴァー。

8曲目は「Stay In Tonight」です。
いかにもラヴァーズといったソフトな曲
です。

9曲目は「It's Heaven」です。
こちらも爽やかな1曲。

10曲目は「The Love You Never Had」
です。
こちらもソフトで優しい歌声が魅力の曲です。

11曲目は「Give Me Your Love」です。
こちらもソフトで伸びのあるヴォーカルの
曲です。

ざっと追いかけて来ましたが、ソフトでちょっと
フラフラとした頼りなげな風情が、いかにも
ラヴァーズという味わい。
このあたりはちょっと好き嫌いの分かれる
ところではあります。
ただやはり「Someone Loves You Honey」は
よく出来た曲で、原曲と較べても魅力が数段は
アップしているんじゃないでしょうか。
こうした魅力的な音楽を作れるコンビが、レゲエ
界を去ってしまった事はすごく惜しまれます。

また「Someone Loves You Honey」は、ディー
ジェイPrince Mohammad(歌手のGeorge Nooks)
とのヴァージョンもあるので、そちらもぜひ
聴いてほしいものです。
ある意味「呪われた曲」(笑)ですが、それでも
いろいろ楽しめる名曲です。

機会があればぜひ聴いてみてください。

June Lodge & Prince Mohammed - Someone loves you honey 1982


June Lodge - More Than I Can Say • TopPop



○アーティスト: June Lodge (JC Lodge)
○アルバム: Someone Loves You Honey
○レーベル: Rocky One
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1980

○June Lodge (JC Lodge)「Someone Loves You Honey」曲目
1. Someone Loves You Honey
2. Make It Up
3. Baby I'm Yours
4. Does My Ring (Hurt Your Finger)
5. Push Over
6. More Than I Can Say
7. Kiss And Say Good-Bye
8. Stay In Tonight
9. It's Heaven
10. The Love You Never Had
11. Give Me Your Love
Tracks 2,4 and 7 are bonus for Cd only and are not on Vinyl