今回はAugustus Pabloのアルバム

lloyd_hemmings_02a

「Augustus Pablo Presents Healer Dub」です。

Augustus Pabloは70年代のルーツ・レゲエの
時代から活躍したメロディカ奏者、キーボード
奏者、プロデューサーとして知られている人
です。
それまで練習用の楽器ぐらいにしか思われて
いなかったメロディカを駆使して、レゲエに
それまでに無い新しい音楽というイメージを
プラスしたのがこの人なんですね。
数々のセッションに参加し、多くのインストや
ダブ・アルバムを残し、Hugh Mundellをはじめ
とする若手のミュージシャンを育てた彼でした
が、1999年に筋無力症のために亡くなって
います。

アーティスト特集 Augustus Pablo (オーガスタス・パブロ)

今回のアルバムはDiscogsなどでは「Unknown
(制作年不詳」となっていたアルバムです。
ただ今回のアルバムはダブなので元のアルバム
があり、それが1995年にAugustus Pablo
のレーベルRockers Internationalから発表
されたLloyd Hemmingsの「The Healer Has Come」
というアルバムです。

lloyd_hemmings_01a
Lloyd Hemmings - The Healer Has Come (1995)

その事から考えて1995年あたりに発売された
ものと思われます。
手に入れたのはRockers Internationalから
発売されたCDでした。

ちなみに今回のアルバムには12曲入っている
のですが、ジャケットの表示は11曲になって
おり、パソコンのiTunesで読み込んでも最後の
曲は「Bonus Track?」となっています。
つまり12曲目にタイトルの解らない曲が
1曲入っています。

全12曲で収録時間は45分27秒。

ミュージシャンについては以下の記述があります。

Produced by Haile Selassie I Divine Inspiration
Co. Produced & Arrangement of Music Augustus Pablo
Recorded at Mixing Lab, Music Works, Tuff Gong & I & I Studio
Track 11 Recorded at Rockers International Dub Studio

Players of Instruments:
Bass: Ranchie McLean, A. Pablo, Danny Thompson
Drums: Benbow Creary, D. Thompson
Guitar: China Smith, Danny Thompson
Piano & Melodica: A. Pablo
Hornes: Dean Fraser, David Madden
Harmony Singers: Bunny Brissett, Sensi, Pam Hall, Sharon Forrester

となっています。

晩年のAugustus Pabloは重度の筋無力症に
苦しんだ事で知られていますが、その頃から
アルバムのプロデューサー名にラスタファリズム
の神であるエチオピア皇帝を刻むようになり
ます。
今回のアルバムでも「Haile Selassie I
Divine Inspiration」と書かれていますが、
それは彼の信仰心の表れなんですね。

Lloyd Hemmingsの「The Healer Has Come」と
メンバーのほぼ一緒になっています。
Lloyd Hemmingsのアルバムではホーンの
David Maddenの名前がありませんが、おそらく
書き落としではないかと思います。

さて今回のアルバムですが、この元のアルバム
のLloyd Hemmingsはダンスホール期に活躍した
人のせいか、そのサウンドもアダルトで
アーヴァンな感じだったのですが、その音源を
使った今回のアルバムもやはり大人の味わいが
あります。
70年代のルーツ・レゲエ真っ盛りのAugustus
Pabloは自在で若々しいメロディカの演奏をして
いたんですが、80年代を過ぎるとダンス
ホール・レゲエの時代になり、さらにはデジタル
が導入されるように時代とともに音楽が変わって
行く中で、Augustus Pabloの音楽も徐々にソフト
でまろやかな音楽へと変わって行くんですね。

それを良いと取るか悪いと取るかは、人さまざま
だと思います。
ただ彼の作りあげたRockersサウンドは、間違い
なくレゲエのひとつの形であると思います。

1曲目は「Ethiopia Dub」です。
原曲はLloyd Hemmingsの「Ethiopia」。
もともとは彼の名曲「Java」のヴァージョン
ですね。
何とも言えない寂寥感のある曲です。

augustus pablo - Ethiopia Dub


2曲目は「Propaganda Dub」です。
元のアルバムの3曲目「Rumours Them A
Spread」のダブです。
ギターのメロディを中心としたダブです。

augustus pablo - Propaganda Dub


3曲目は「Ini 1 Dub」です。
元のアルバムの4曲目「Ini I Kamozi」。
寂寥感のあるメロディにシンセやドラム、
ギターなどのサウンドが盛り込まれたダブ
です。
途中から入って来るピアノがPabloか?

4曲目は「Rockers Meet Mad Professor
Dub」です。
元のアルバムの9曲目「We Can Work It
Out」のダブです。
優しいギターのメロディを中心としたダブ。

5曲目は「Doctor Marshall Dub Store」
です。
元のアルバムの5曲目「Light Against
Darkness」のダブ。

6曲目は「Rockstone Dub」です。
元のアルバムの6曲目「Rock If You
Rocking」のダブです。
サックスのメロディから入るダブで、Augustus
Pabloはピアノを演奏か?

augustus pablo - Rockstone Dub


7曲目は「Solar Power Dub」です。
元のアルバムの7曲目「Hammer Them Down」
のダブです。
出だしでちょっと不思議なブレイクが入る曲
です。
ベースを中心としたダブ。

8曲目は表題曲の「Healer Dub」です。
元のアルバムの1曲目「The Healer Has
Come」のダブです。
元のアルバムでは表題曲にもなっている曲
ですが、Lloyd Hemmingsの歌うメロディを
抜いてしまうとずいぶん印象の違うのが
面白いところです。

Augustus Pablo - Healer Dub


9曲目は「Rasta Vision Dub」です。
元のアルバムの12曲目「Wickedness
Increase」のダブです。
寂寥感のあるメロディが印象深いダブです。

10曲目は「190 Mountain View Dub」
です。
こちらも元のアルバムの12曲目
「Wickedness Increase」のダブです。

11曲目は「Jungle Lion Dub」です。
元のアルバムの11曲目「Every Eye Shall
See」のダブです。
こちらにはLloyd Hemmingsのの歌も少し
入っています。
ソフトなアコースティック・ギターの出だし
の、爽やかなダブといった感じの曲です。

Augustus Pablo - Jungle Lion Dub


12曲目はタイトル不明の曲です。です。
こちらも11曲目「Jungle Lion Dub」の
別ヴァージョンといった曲です。
ベースを主体としたダブ。

ざっと追いかけて来ましたが、やはりAugustus
Pabloといえばメロディカというイメージを
持つ人が多いと思うのですが、あまりメロディカ
は使われていません。
全体に優しいメロディ・ラインを持つ曲が収め
られている印象です。

晩年のAugustus Pabloは筋無力症になりながら、
ラスタファリアンとしての信念から薬物治療を
拒否して、苦しみに耐えながら音楽制作を続けた
と言われています。
そうした彼の音楽は限りなく優しい。
それが彼の辿り着いた世界だったのかもしれ
ません。

こうした彼の音楽は、評価の分かれるところ
があるかもしれません。
ただ一人のミュージシャンの生き方としては、
けっして間違ってはいないんですね。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Augustus Pablo
○アルバム: Augustus Pablo Presents Healer Dub
○レーベル: Rockers International
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: (1995)

○Augustus Pablo「Augustus Pablo Presents Healer Dub」曲目
1. Ethiopia Dub
2. Propaganda Dub
3. Ini 1 Dub
4. Rockers Meet Mad Professor Dub
5. Doctor Marshall Dub Store
6. Rockstone Dub
7. Solar Power Dub
8. Healer Dub
9. Rasta Vision Dub
10. 190 Mountain View Dub
11. Jungle Lion Dub
12. (Bonus Track?)