今日は午前中に弘明寺の川沿いの桜を見に
行って来ました
もう春なんだなぁ…。
桜を見るといつも季節の移り変わりを思い
ます。
早く「花粉症の季節」も終わって欲しいもの
です(笑)。

2016_04_01_01a


そういえばJimmy Rileyが亡くなったんですね。
ちょうどJimmy Rileyのアルバム「Showcase +
Majority Rule」ついてブログを載せたあたり
でその事がレゲエレコード・コムのニュースに
載ったようで、たまたまレゲエレコード・コム
を検索していて知りました。
彼はTarrus Rileyの父親という事で知られて
いるようですが、彼自身もルーツ・レゲエの時代
やダンスホール・レゲエの時代になっても良い
アルバムを残しているシンガーなので、機会が
あったらぜひ聴いてみてください。
特にルーツの時代のプロテスト・ソングを歌って
いる音源は、すごく魅力的です。

トーラス・ライリー(Tarrus Riley)の父親、ジミー・ライリー(Jimmy Riley)が死去…

jimmy_riley_02a
Jimmy Riley - Showcase + Majority Rule (1978)

jimmy_riley_01a
Jimmy Riley - Live It To Know It: Self Productions, Protest Songs & Dub Plates 1975-1985

昨日ついにAmebaの自分のブログを閉鎖
しました。
2010年の10月ごろから始めたブログ
でしたが、初めはいろいろな事を書いて
いました。
レゲエの事ばかり書くようになったのはおそらく
3,4年ぐらい前からで、ほぼ今のスタイルの
文章になったのは2,3年ぐらい前だと思い
ます。

Amebaをヤメた理由は単純で、Amebaが
「Ameba公式トップ・ブロガー・発掘コンテスト」
というのを始めたんですね。
要するにAmebaが「公式トップ・ブロガー」と
普通の「ダメ・ブロガー」というヒエラルキー
を作る戦略に出たんですね。
そのヤリ方が私はあんまり好きじゃないと感じた
んですね。
実際に選ばれた「Ameba公式トップ・ブロガー様」
(笑)のページを見ても、ほとんどが女性で
プチプラ・コーデとか子育て漫画だとか、私には
ちっとも面白く思えなくて、「ここは私の居る
場所ではない!」と強く感じたんですね。

もちろんそうしたヒエラルキーを作るという方法
は会社などでも普通にある事だし、そのヤリ方を
否定するつもりはありません。
ただトップ・ブロガーに選ばれた人間は自分の
ブログが目に付く場所に置かれるというメリット
がありますが、選ばれなければそのAmebaで無理
に書くメリットがないんですね。
だったら他のブログ・サイトでという選択も
ある。
そしてこのLivedoorで書く事にしたという訳
です。

実際に変えてみて良かった点もけっこうあり
ました。
まずUU(ユニーク・ユーザー)が解るように
なった点です。
UUとは本当に訪問している人の数で、これが
Amebaでは解らないんですね。
そしてPV(ページ・ビュー)もAmebaよりは
正確だという点です。
Amebaではロボット検索も数えてしまうよう
で、まったく書かなくなっても100PVぐらい
はずっとあるんですね。
よく「Amebaは水増ししている」と言われる
ようですが、実際にはロボット検索のPVまで
数えているというのが正しいようです。

あと広告がベタベタ貼ってある分、Livedoor
よりページを開くのにすごく時間がかかるん
ですね。
そこはブログを変えてみてすごく感じました。

それとこのLivedoorに移る前に試したFC2なんか
もそうだったんですが、アフィリエイト目的の
くだらない訪問者がすごく多いんですよね。
そういう訪問者がたくさん来て数が増えていて
も、ちっとも嬉しくはないですよね。
それよりも本当に読んでくれる人が、たとえ一人
でも来てくれる事の方が大事だし、本当に嬉しい
です。

そういう変なユーザーが多いと、ブログを書く
場所がここで良いのか?多くの人は悩むと思い
ます。
実はこういう変なユーザーを減らす事も、ブログ
を運営する側に求められている事なんですよね。

まあAmebaではいろいろ勉強させてもらったの
で、感謝しています。
ただもう使う事はないかな…(笑)。

正直ブログを書いていると、一人でも多くの人
に見てもらいたい、一人でも多くの人に認めて
もらいたいというのは、多くの人の願望だと
思います。
ただ多くの人に読んでもらいたいが為に、書き
たくもない事を書いたり、意見を曲げて書いても
けっして良いブログにはならないんですね。
エビゾーさんが人気ブロガーだとしても、本当に
彼のブログって面白いんでしょうか?
そういうゲーノー人のブログに否という気持ちが
あっても良いんじゃないでしょうか。

たとえ多くの人が読まなくても面白いブログ、
そういうブログも本当は必要なんじゃないか?
そういう気がするんですよね。

世の中はマジョリティ(多数派)がすべてな訳
ではなく、実はマイノリティ(少数派)も必要
なんですよね。
当時はマイノリティの意見が今ではマジョリティ
になっていたり、マジョリティの意見がマイノリ
ティの意見になっていたりと、人の思考は変わる
ものです。
その初めはマイノリティの意見から…。

とりあえず私はエビゾーさんのようなマジョリ
ティには絶対になれないので、特別なマイノリ
ティになれるよう、頑張ろうと思います。

Jimmy Riley on smile jamaica '13