今回はLennie Hibbertのアルバム

lennie_hibbert_01a

「Creation」です。

Lennie Hibbertはヴィブラフォン奏者として
知られている人です。
また彼はジャマイカのカトリック系の音楽専門
学校Alpha Boys Schoolの先生だった事でも
知られています。
もともとそこの卒業生だった彼は、その学校の
音楽の先生となり、Don DrummondやTommy McCook、
Johnny Moore、Lester Sterling、Rico Rodriguez
といったミュージシャンを育てた事で知られて
います。

当時まだ貧しかったジャマイカでは、この
Alpha Boys Schoolの卒業生がスカの時代から
活躍し、ジャマイカ音楽の礎を築いて行くん
ですね。
このAlpha Boys Schoolはカトリック系の学校
で、素行に問題のある子供達を更生させる為の
施設だったようです。
トランぺッターのJohnny 'Dizzy' Mooreなどは、
普通の中流家庭に育った子供だったそうなんです
が、ある日隣この家の子供がドラムを叩いている
のを見て「どこて習ったんだい?」と聞いた
ところ、「アルファさぁ。」と答えたのを聞いて
自分もそこに入る事を決意したそうです。
そしてあえて非行行動をしてAlpha Boys School
に入学したというエピソードが残っています。
その更生の為の音楽学校が、後にレゲエで
ブレイクするジャマイカの音楽の基礎を作って
行ったんですね。

そのAlpha Boys Schoolの先生をしていたのが、
このLennie Hibbertなんですね。
この人は鉄琴楽器のヴィブラフォン奏者として
知られていますが、多彩な人だったようで、
今回のアルバムの続編に当たるアルバム「More
Creation」の裏ジャケには次のように書かれて
います。

Lennie Hibbert: Composer, Arranger, Band-Leader,
Music Tutor, Vibist, Pianist and Drummer.

lennie_hibbert_02a
Lennie Hibbert - More Creation (1971)

つまり作曲家でアレンジャーでバンド・リーダーで
音楽の先生でヴィブラフォン奏者でピアニストで
ドラマーの人なんですね。
さすが音楽の先生をしていただけあって、ヴィブ
ラフォン以外にもピアノやドラムの演奏も出来る
人なんですね。

今回のアルバムですが、1969年に名門
レーベルStudio Oneから発表されたアルバム
です。

レーベル特集 Studio One (スタジオ・ワン)

この69年頃というのはジャマイカの音楽が
ロックステディからレゲエに切り替わり始めた
時代だったんですね。
タイトル曲の「Creation」は、ロックステディの
名曲The Heptonesの「Pretty Looks Isn't All」
のリディムが使われています。

ちなみに今回のアルバムではオリジナル12曲に、
CDボーナス・トラック2曲がプラスされた、
全14曲のアルバムになっています。
実はこのボーナス・トラックに誤表記があります。
13曲目は「Creation」となっていますが、
パソコンのiTunesで読み込むと曲目が「Twilight Zone
(Re-recorded)」と出て来ます。
「Creation」ではなくて、9曲目に入っている
「Twilight Zone」の再録ヴァージョンなんですね。
こうした誤表記は、レゲエのアルバムではけっこう
あるんですね(笑)。

全14曲で収録時間は41分45秒。

詳細なミュージシャンの表記はありません。

Produced by Clement Dodd

という記述があるのみです。

ロックステディ期に近い録音という事になると、
バックはJackie Mittoo率いるSound Dimension
あたりが演奏しているんでしょうか?

さて今回のアルバムですが、このStudio Oneと
いうレーベルは「レゲエのモータウン」と言われ
たほど多くの名曲を出して来たレーベルですが、
もうひとつの顔としてこうした人とは違う楽器を
演奏する「異能の人」のアルバムも出している
レーベルなんですね。

例えば自分で手作りした竹のサックス、バンブー・
サックスの演奏者Sugar Bellyのアルバムなども
出しているんですね。
そうした特別な才能も認めてしまう、それがこの
レーベルの凄さでもあり、レゲエという音楽の
面白さでもあるんですね。
レゲエという音楽にそういう柔軟さがあるから
こそ、練習用の楽器だったメロディカの演奏者
Augustus Pabloのようなスターものちに誕生して
来るんですね。

このLennie Hibbertもあまり使われる事の少ない
ヴィブラフォンという鉄琴を使って、独特の
音楽世界を構築しています。
それがとても魅力的なんですね。

1曲目は「Village Soul」です。
レゲエが始まった時代あたりの録音の為か
刻むようなギターのリズムに乗せた、ヴィブラ
フォンの音色が強く印象に残る曲です。

Studio One Rockers - Lennie Hibbert - Village Soul


2曲目は「Real Hot」です。
こちらも刻むギターにクールなヴィブラフォンの
メロディという取り合わせの曲です。

Real Hot|Lennie Hibbert


3曲目は「Mighty」です。
ホーンとオルガンが中心の曲です。
Lennie Hibbertはオルガンを演奏しているのか?

4曲目は「Sweet Loving」です。
ユッタリとしたリズムに乗せた曲です。
4分10秒とこのアルバムの中でも一番長い曲で、
ヴィブラフォンの魅力がよく解る曲です。

5曲目は表題曲の「Creation」です。
書いたようにThe Heptonesの名曲「Pretty Looks
Isn't All」のリディム。
この曲もヴィブラフォンが入っていないのですが、
ドラムでも演奏しているのか?

Lennie Hibbert - Creation - CD


6曲目は「Nature Boy」です。
オルガンにリピーターのようなハンド・ドラムが
中心の曲です。
この曲をRiddimguideで調べると、「Jackie Mittoo
& Lennie Hibbert」と連名になっていました。
オルガンがJackie Mittooで、パーカッションが
Lennie Hibbertか?

7曲目は「Soul Shack」です。
こちらはかなりジャズ色の強いメロディを持った
曲です。
このあたりからもジャマイカの音楽の、ジャズの
影響がうかがい知れます。

8曲目は「Rose Len」です。
こちらはちょっとバラード調の、寂しげなメロディ
を持った曲です。

Lennie Hibbert- Rose Len


9曲目は「Twilight Zone」です。
こちらはちょっとサンバ調のリズムを持った曲です。

Lennie Hibbert Twilight Zone - Coxsone - Studio One


10曲目は「Lights」です。
こちらはしっかりしたリズムを持った、ポピュラ
リティーの強い1曲です。

11曲目は「Strolling」です。
こちらも初期のレゲエを感じさせる、刻むリズム
に乗せたヴブラフォンが印象的な曲です。

12曲目は「Peaches」です。
オリジナル・アルバムの最後の曲ですが、短めの
ジャズ観の強い曲です。

残りの2曲はCDボーナス・トラックで、この
アルバムの再録曲2曲が収められています。
書いたように13曲目は、裏ジャケでは「Creation」
となっていますが、「Twilight Zone (Re-recorded)」
です。
14曲目は「Village Soul (Re-recorded)」です。
一度録音した曲のせいか、よりヴァージョン・
アップした印象があります。

ざっと追いかけて来ましたが、Studio Oneのもう
ひとつの側面、他にない音楽を紹介するという
側面がよく表れたアルバムで、Studio Oneらしい
丁寧な作り込みもあり、内容はとても良いと思い
ます。
このアルバムの評判が良かったのか、この後
71年に「More Creation」という続編のアルバム
も作られています。
ただそちらはヴォーカルものも入れたりして
ヴァラエティ色が強くなり過ぎて、ちょっと散漫
な印象なんですね。
こちらのアルバムの方がインストに徹している
ので、このLennie Hibbertという人の魅力が
ダイレクトに伝わってきます。
Studio Oneのインスト・アルバムの中でも、特に
良いアルバムのひとつだと思います。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Lennie Hibbert
○アルバム: Creation
○レーベル: Studio One
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: (1969)

○Lennie Hibbert「Creation」曲目
1. Village Soul
2. Real Hot
3. Mighty
4. Sweet Loving
5. Creation
6. Nature Boy
7. Soul Shack
8. Rose Len
9. Twilight Zone
10. Lights
11. Strolling
12. Peaches
13. Twilight Zone (Re-recorded)*
14. Village Soul (Re-recorded)*
* CD Bonus Tracks