今回はBob Andy & Mad Professorのアルバム

bob_andy_03a

「Bob Andy's Dub Book: As Revealed To Mad Professor」です。

Bob Andyはロックステディの時代から活躍する
シンガーであり、ソング・ライターである人です。
ロックステディの時代にThe Paragonsからキャリア
をスタートさせた彼は、当時恋人同士だった
Marcia GriffithsとのデュエットBob & Marciaで
イギリスのヒット・チャートの上位に食い込むなど
活躍しました。
ルーツ・レゲエの時代になっても、ソング・
ライティングの才能を生かし数々の名曲を作って
います。

アーティスト特集 Bob Andy (ボブ・アンディ)

Mad Professorは80年代からイギリスの自身の
スタジオAriwaを拠点に活動するプロデューサー
です。
Sandra Crossなどラヴァーズロック・レゲエの
アーティストのプロデュースから、他ジャンルの
Beastie Boysなどのプロデュースも手掛ける
多彩な人です。
さらにそうした音源を元に「Dub Me Crazy」シリーズ
や「Black Liberation Dub」シリーズといった
多くのダブを作成している事でもよく知られて
います。

mad_professor_02a
Mad Professor - Dub Me Crazy (1982)

レーベル特集 Ariwa (アリワ)

今回のアルバムは1989年にI-Ankaという
レーベルから出されたアルバムで、Bob Andyの
曲をMad Professorがダブにしたという内容です。
Bob Andyはこの前年の88年に「Freely」という
アルバムをこのI-Ankaというレーベルから出して
います。
その時にミックスを担当しているのがNeil Fraser
で、これはMad Professorの本名なんですね。
タイトルを見るとそのアルバムのダブという事は
無さそうなんですが、その時にダブを作ろうと
いう話になったのかもしれません。

ネットの販売サイトの紹介文を読むと、この
アルバムがBob Andyの唯一のダブ・アルバムとの
事です。

全9曲で収録時間は37分28秒。

ミュージシャンについては以下の記述があります。

All Tracks Written by Keith Anderson/
Track 3 Co-written by Alphonso Small

Keyboards,Drums: Victor Cross
Bass: Eddie Edwards
Trumpet: Kevin Robinson
Sax: Ray Carless
Trombone: Winston Rollins
Guitar: Prince Gringo

Design: Rim Blaze
Illustration: Katharine Nicholls
Executive Producer: Janis P

となっています。

演奏しているメンバーはAriwaに近い人達が多い
ようです。
プロデュースはJanis Pで、Mad Professorは
ミキサーとしての参加のようです。

今回のアルバムのタイトルを聞いて多くの人は
ピンと来るでしょうが、Bob Andyのロックステディ
期の代表作「Bob Andy's Song Book」のタイトルの
もじりですね(笑)。

bob_andy_02a
Bob Andy - Bob Andy's Song Book (1970)

今回のアルバムではデザインをRim Blaze、イラスト
をKatharine Nichollsが担当しています。

さて今回のアルバムですが、原曲はBob Andyの曲
なのですが、どちらかというとMad Professorと
いうミキサーの個性がよく出たアルバムになって
いると思いました。
あまりBob Andyということを期待して聴くと、
ちょっと肩透かしを食う感があります。
またタイトルは「Bob Andy's Song Book」に
似ていますが、80年代後半のアルバムなので、
60年代後半に流行ったロックステディの匂いは
全くありません。

今回のアルバムはMad Professorの作ったダブと
いう見方が正解で、この当時それまでのダブとは
全く違う「Dub Me Crazy」シリーズなどのちょっと
冷めたダブを作っていた、いかにもMad Professor
らしいダブなんですね。
そういう点では少し評価の分かれるダブと言える
かもしれません。

1曲目は「Mind Jungle Dub」です。
原曲はBob Andyの「The Ghetto Stay In The Mind」
です。
一応原曲とダブ両方を載せてみましたので、聴き
較べてみてください。

The Ghetto Stay In The Mind / Bob Andy


Bob Andy & Mad Professor - mind jungle dub


Mad Professorのダブの方がよりクールな仕上がり
になっています。

2曲目は「You Know It Dub」です。
原曲はBob Andyの「You Don't Know」です。
出だしはBob Andyらしい温かみのあるヴォーカル
が入りますが、エコーがかかってダブワイズして
行く展開です。

Bob Andy & Mad Professor - You know it dub


3曲目は「Tribal War Dub」です。
タイトルからしてLittle Johnの曲?とも思った
のですが、どうも違うようです。
Mad Professorらしい音の遊びが入ったダブです。

4曲目は「Devastation Dub」です。
いかにもMad Professorという匂いのするクール
なダブです。

5曲目は「Chain Free Dub」です。
原曲はBob Andyの「Unchained」です。
彼のロックステディ時代の名曲ですが、こちらは
かなりソリッドな演奏で原曲とはだいぶイメージ
が違います。
このあたりは「Bob Andy's Song Book」にも
入っているので、原曲と聴き比べてみると
面白いかもしれません。

Bob Andy & Mad Professor - Chain free dub


6曲目は「Brothers Faith Dub」です。
ピアノの音にBob Andyらしい温かみを感じる
軽快なダブです。

7曲目は「Share It Out Dub」です。
こちらはベースを主体とした淡々としたダブ
です。

8曲目は「Rasta Victory Dub」です。
こちらはギターを主体としたダブ。

9曲目は「Dubbing Home」です。
原曲はBob Andyの「Going Home」です。
Bob Andyらしいほのぼのとした曲調のダブです。
女性コーラスありダブワイズしたヴォーカル
ありで、最後でやっとひと盛り上がりといった
感じです。

ざっと追いかけて来ましたが、やっぱりBob Andy
の温かい個性とMad Professorのクールな個性が
ぶつかり合って、Mad Professorの個性の方が
強く出過ぎてしまったかなぁという気がします。
おそらくこの時期のMad Professorは「Dub Me Crazy」
シリーズが好調で、すごく勢いがあったんですね。
正直「Bob Andy's Song Book」のBob Andyを期待
して聴くと、物足りない感じが残ると思います。
ただ内容的に決して悪いダブではないのも、また
事実なんですが…。
あとは自身の判断にお任せします。

機会があれば聴いてみてください。


○アーティスト: Bob Andy & Mad Professor
○アルバム: Bob Andy's Dub Book: As Revealed To Mad Professor
○レーベル: I-Anka
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1989

○Bob Andy & Mad Professor「Bob Andy's Dub Book:
As Revealed To Mad Professor」曲目
1. Mind Jungle Dub
2. You Know It Dub
3. Tribal War Dub
4. Devastation Dub
5. Chain Free Dub
6. Brothers Faith Dub
7. Share It Out Dub
8. Rasta Victory Dub
9. Dubbing Home