今回はSteel Pulseのアルバム「Tribute To The Martyrs
(殉教者に捧ぐ)」から、「Jah Pickney - R.A.R.
(ロック・アゲインスト・レイシズム)」の歌詞を
紹介したいと思います。

steel_pulse_03a
Steel Pulse - Tribute To The Martyrs (1979)LP

Steel Pulseは70年代に結成されたレゲエ・
グループです。
2002年刊行の本「Roots Rock Reggae」には、
このグループの紹介として、
「バーミンガムで結成された、UKを代表するバンド
の一つ。ロック・アゲインスト・レイシズムの活躍で
注目を集め、バーニング・スピアーの推薦でアイランド
とサイン。」
と書いてあります。
今回紹介する曲にも関係のある「ロック・アゲインスト・
レイシズム」の運動で、パンクスや同じレゲエの
Misty In Rootsなどともに頑張って活動したバンド
がこのSteel Pulseです。

では「ロック・アゲインスト・レイシズム」とは
どういう運動だったのかというと、事の起こりは
1976年にバーミンガムのライブで、ロックの
ギタリストとして知られるエリック・クラプトン
(Eric Clapton)が酔っ払った状態で、「黒人は
イギリスから出て行け!」と侮辱する発言をした
事に端を発します。

エリック・クラプトン - Wikipedia

この発言は黒人のブルースに影響を受けたブルース・
ロックや黒人であるBob Marleyの「I Shot The Sheriff」
で人気の出たEric Claptonの発言として、かなり多く
の人にショックを与えた発言だったんですね。
これに関しては当時のEric Claptonがかなりの
アルコール中毒患者あったとか諸説がありますが、
本人のEric Claptonはその後何の弁明もして
いないそうです。
そして右翼政党の支持者だという事もよく知られて
います。

当時イギリスではこうした移民問題があり、そうした
移民を排斥しようとする極右団体ナショナル・
フロントなどが台頭して、実際に白人の間で支持を
集め始めていたんですね。
そうした時の起こったのがこの差別発言のようです。

それに対抗するために起こった運動が、この
「ロック・アゲインスト・レイシズム」だったん
ですね。
1978年にヴィクトリア公園で開催されたこの
運動のライヴにはパンク・ロックのThe Clashや
Steel Pulseなどが参加し、10万人の観衆が集まった
そうです。

今回の曲が収められているSteel Pulseの
アルバム「Tribute To The Martyrs」は
1979年の作品です。
日本では「殉教者に捧ぐ」という副題が付いて、
東芝EMIから発売されたアルバムです。
その中には高野裕子さんという方の対訳が付いて
いました。
今回はその中から「ロック・アゲインスト・
レイシズム」について歌った歌「Jah Pickney -
R.A.R.(ロック・アゲインスト・レイシズム)」
を紹介してみたいと思います。


●ロック・アゲインスト・レイシズム(Jah Pickney - R.A.R.)

俺たちはみんなみんな手を繋がなきゃいけない

Jah ピックニーが教えてくれる 
Jah ピックニーが奴らを知ってる
Jah ピックニーが奴らを今すぐにでも見抜いてみせる
Jah ピックニーが奴らをこの世から一掃してくれる

ロック・アゲインスト・レイシズム
奴らをぶっつぶせ
ロック・アゲインスト・ファシズム
奴らはファシスト
ロック・アゲインスト・ナチズム
ナチズムをぶっつぶせ

今こそ奴らを抹殺する時だ Yeh Yeh Yeh
ナショナル・フロント そうさ俺たちが
奴らの息の根を止めてみせる
ナショナル・フロント
奴らの頭は アパルトヘイトでいっぱいだ
今こそ俺たちは 奴らの背中に一撃を下す時だ
この世から裏切りと虚構を撲滅する時だ
この世から裏切りと虚構が消え去るまで
俺たちは闘い続ける

ナショナル・フロント
俺たちはナショナル・フロントの息の根を
止めてみせる

知りたいだろう真実を
俺たちは今こそ真実を暴いてみせる
黒と赤と緑と黄金を信じているのなら
これはJahから下された使命だ
もしもお前がブラックなら 狙っているのは
奴らの喉だと 自信を持って言うがいい
ドレッドが今こそ
奴らの息の根を止めねばならない
ナショナル・フロント 奴らを阻止せよ!

俺たちは劣等感に苛まれている訳でも
貧しさでコンプレックスの
塊りになっている訳でもない
ただ今こそ
俺たちブラック・マンがの立ちあがる時
金を握らされた訳でもない
俺を行動へと駆り立てるのは Jahの言葉
あの卑劣感どもを捕まえて
辛いめに合わせねばならない
みっちりと制裁を加えねばならない
俺たちの味わってきた気持ちを
味あわせねばならない
ラスタの信奉者 信奉者こそブラック
最高のラスタこそドレッドさ オリジナル……

Jah ピックニーが教えてくれる 
Jah ピックニーが奴らを知ってる
Jah ピックニーが奴らを今すぐにでも見抜いてみせる
Jah ピックニーが奴らをこの世から一掃してくれる

ロック・アゲインスト・レイシズム
奴らをぶっつぶせ
ロック・アゲインスト・ファシズム
奴らはファシスト
ロック・アゲインスト・ナチズム
ナチズムをぶっつぶせ

まったくあきれ果てたものさ
奴らときたら!
それに対抗する方法
そいつが
反人種差別主義のロックだと 俺は断言する
さあみんなで歌うんだ
俺たちみんなみんな手をつなごう
俺たちみんなみんな
手を繋がなきゃいけないんだ

(東芝EMI Steel Pulseのアルバム「Tribute To The Martyrs
(殉教者に捧ぐ)」の高野裕子さんの対訳より)

Steel Pulse - Tribute To The Martyrs - 03 - Jah Pickney - R.A.R.



以上がSteel Pulseのアルバム「Tribute To The
Martyrs(殉教者に捧ぐ)」に収められた
「Jah Pickney - R.A.R.(ロック・アゲインスト・
レイシズム)」という曲の歌詞です。

このアルバムが作られたのが79年で今が
2015年の終わりだという事は、今から36年
以上前に作られた曲なんですが、驚くほどこの
歌詞は今聴いても古びていないんですね。

この70年代というのはまだ人種差別が根強く
残っていて、白人は優等人種で黒人は劣等人種
なんていう事が平気で言われていました。
私たち日本人も白人にはコンプレックスを持って
いて、日本人が「名誉白人」という扱いを受ける
事をありがたがっていた時代だったんですね。
それだけ民族間の差別は根強かったんだと思います。
Eric Claptonが人種差別をしてしまったのも、
優秀な白人の俺に「黒んぼ」のくせに生意気、
という気持ちをずっと持っていたからなの
でしょう。
本音がポロっと出ちゃったんですね。

ただ教育の機会や豊かな生活を与えれば、民族は
違っても人間の能力に大きな違いはあるはずが
ありません。
むしろ白人と黒人という比較で言えば、元の
運動能力などは黒人の方が上回っている程なん
ですね。
ただこの当時は私たち日本人も、「こんな体の
デカい白人に敵うはずがない」と考えるほど、
コンプレックスを持っていたんですね(笑)。

残念なのは今回のこの曲が、今の時代になっても
全くリアリティを失っていない事です。
今の時代になっても人種差別は依然としてあり、
それに加えて宗教差別や民族間差別の問題も
あって、問題はむしろ深刻化していると言える
ほどです。

最近でもアメリカ共和党の大統領候補ドナルド・
トランプ氏が、「イスラム教徒を入国禁止にする」
と発言して物議をかもしましたが、この人は
他にも「日本人と中国人がアメリカを壊した」だの
「メキシコ人はゴロツキ」だのの差別発言を
繰り返して人気を得ています。
これだけの人種差別主義者だと人気が落ちそうに
思うのですが、むしろアメリカの白人層のナショ
ナリズムに火を付けて、共和党の支持者の65%
に達するほどの圧倒的な支持を得ているそうです。

人間の意識の中には根底に差別意識があり、
それを代弁する彼は、本音を言わない他の候補
より白人層には魅力的に映っているんだそうです。

実はこの手法は都知事だった石原慎太郎さんが、
よく使った手法なんですね。
「鮮人」や「三国人」などという差別用語を
よく使ったこの人ですが、実は日本人の根底に
眠る差別意識をうまく利用していたんですね。
彼がネトウヨに人気があったのはその為なん
ですね。
もちろん差別を口にすることは、首長や国の
トップが決してしてはいけない事なんですが、
簡単に人気を得るには手っ取り早い方法なん
ですね。
その分差別された国や民族からは、かなり白い
目で見られる事になります。

トランプ氏もそうしたあざとい手法を使って
いるんですね。
彼の論理で言えば、もしも白人のキリスト教徒が
銃乱射事件を起こせば、キリスト教の白人は
アメリカに入国出来ない事になります。
ところがそういう事件が仮に起きたとしても、
トランプ氏は白人のキリスト教徒全員の入国禁止
は言わないでしょう。
要するにちょっと考えれば解るレトリックなん
ですよね。

同じことがシリアのテロリストを空爆するが、
パリのテロリストは空爆しないという事にも
言えます。
テロリストが居ると解っていても、なぜパリは
空爆しないのか?
そこに空爆が本当に正しいのか?の答えがある
んですね。

石原慎太郎さんの例を出しましたが、日本でも
最近浦和レッズファンの高校生が、ガンバ大阪の
パトリック選手に「黒人奴隷死ねよ」という
書き込みをしたという悲しい話がありました。
おそらくネットにあるネトウヨの狂気じみた
書き込みを真似たものだと思いますが、これが
どれほど酷い行為かはよく反省してもらわな
ければなりません。

腹立ちまぎれにした事かもしれませんが、彼は
ブラジル国民すべてを侮辱したに等しい事を
したのです。
そして日本国民というのはそういう差別的な人種
だという事を、世界中に発信したのです。
これは国によっては逮捕されてしまう事もある
大きな事件なのです。
ただ「バカな子」では済まないという事を、
自覚してもらいたいと思います。

今のネットの世界ではそういう「悪意」も簡単に
発信出来てしまいます。

話を戻しますが、Steel Pulseはその後も音楽を
武器にレイシズムと闘い続け、UKを代表する
レゲエ・バンドとなりました。
この曲はそうした彼らの姿勢がよく出た、決意の
1曲なんですね。

彼らのその姿勢に拍手を送りたいと思います。