今回はPhyllis Dillonのアルバム

phyllis_dillon_02a

「One Life To Live」です。

Phyllis Dillonはロックステディの時代にStudio One
と人気を二分したレーベルTreasure Isleで活躍した
女性シンガーです。
その素晴らしい歌声から「ジャマイカン・ソウルの
女王」と称えられる事もある、実力派のシンガーと
して知られています。

アーティスト特集 Phyllis Dillon (フィリス・ディロン)

レーベル特集 Treasure Isle (トレジャー・アイル)

ロックステディについても説明しておくと、レゲエの
前身となった音楽で1966年から68年という
わずか3年だけジャマイカで流行した音楽だったん
ですね。
それまでジャマイカで人気だったスカが、人気バンド
The Skatalitesの中心人物Don Drummondが殺人事件を
起こした事をきっかけに解散し、スカのブームが下火に
なった時に誕生した音楽がこのロックステディです。
元気なリズムで人気だったスカの後のロックステディは、
スローなリズムに甘いメロディが特徴的な音楽でした。
ところがそのロックステディの中心人物だったJackie
MittooやLyn Taittがカナダ移住を決めてしまった事で、
このロックステディのブームはわずか3年でしぼんで
しまうんですね。
その後に60年代の終わりに誕生したのが、レゲエと
いう音楽だったんですね。

ロックステディ - Wikipedia

そのロックステディの時代に人気を博したのが、
今回のPhyllis Dillonだったんですね。
今回のアルバムはレゲエの時代になった1972年に
発表された、彼女のアンソロジーのようです。
多くは彼女のロックステディ時代の曲ですが、70年
以降の曲も多少混じっているようです。

全16曲で収録時間は46分09秒。

詳細なミュージシャンの表記はありません。

Recorded at Treasure Isle Recording Studio
Engineer: Byron Smith

という記述があります。

Treasure Isleのアルバムなので、プロデュースは
Treasure Isleの主催者Duke Reid、バックはすべて
ではないかもしれませんが、Treasure Isle専属バンド
のTommy McCook & Supersonicsが務めているものと
思われます。

さて今回のアルバムですが、レゲエレコード・コムの
「レーベル特集 Treasure Isle」のページを見て
もらえば解りますが、アルバム紹介のトップにこの
アルバムが来るくらいに、このレーベルを代表する
アルバムなんですね。
それほどこのPhyllis Dillonは、このTreasure Isle
とロックステディの時代を象徴する存在の歌手なん
ですね。

彼女はすごい美人という人ではないようなんですが、
その魅力はその歌声を聴いてもらえばすぐに解ります。
何とも言えない人を引き付ける魅力のある歌声なん
ですね。
また特筆すべきはバックを務めるTommy McCook &
Supersonicsの演奏です。
今聴いても楽曲が古く聴こえないほどの、魅力的な
曲なんですね。
特に1曲目の「Don't Stay Away」などは、今の時代に
なってもカヴァーされ続けるほどの人気の曲です。
それほど人を惹きつけて止まない曲を、この時代の
Treasure IsleとTommy McCook & Supersonicsは
作っていたんですね。

1曲目は書いたように「Don't Stay Away」です。
この曲がスゴイと思うか思わないかで、あなたの
ロックステディという音楽の価値観が全く違う
ものになると思います。

フィリス・ディロン(Phyllis Dillon) - Don’t Stay Away - 1966 - リリック

2曲目は表題曲の「One Life To Live」です。
「生きるのに命は一つだけ 与える愛は一つだけ」
と歌うこの曲は、彼女の代表曲のひとつです。

Phyllis Dillon - One Life To Live


フィリス・ディロン(Phyllis Dillon) - 'One Life To Live'- 1971 - リリック

3曲目は「 Picture On The Wall」です。
Freddie McKayの名曲と知られる曲ですが、
やはり名シンガーと言われるPhyllis Dillonの
丁寧な歌いぶりが印象に残ります。

5曲目は「Eddie Oh Baby」です。
こちらはEric Donaldsonによるアーリー・レゲエの
大ヒット曲「Cherry Oh Baby」の替え歌です。

6曲目はPhyllis Dillonの泣きの名曲「We Belong
Together」です。
切々としたメロディにヤラレちゃう1曲です。

Phyllis Dillon - We belong together


7曲目は「Nice Time」です。
こちらはBob Marleyのヒット曲としてよく知られて
いる曲です。

8曲目The Beatlesのヒット・ナンバーとして、よく
知られている曲「Something」です。

10曲目は彼女ののヒット曲のひとつである
「Perfedia」です。
いつもこの曲のサビの部分を聴くと思うのですが、
この曲はあのアグネス・チャンのヒット曲
「ひなげしの花」とサビがちょっとだけ似ている
んですね(笑)。
「ひなげしの花」の「あ~いの~おもい~わ~」
という部分とちょっとだけカブるんですね。
もちろん偶然だと思いますが、いつも聴くと
ちょっとニンマリしてしまいます(笑)。

Phyllis Dillon - Perfidia


フィリス・ディロン(Phyllis Dillon) - Perfidia - 1967 - リリック

11曲目は「Right Track」です。
一緒にデュエットしているのはロックステディ期の
人気歌手Hopeton Lewisです。
この曲も「Don't Stay Away」と並ぶ、どうしたら
こんなスゴイ曲が出来るのか?という名曲です。

12曲目は「Love The One You're With」です。
この曲はCrosby, Stills, Nash & Young(クロスビー、
スティルス、ナッシュ&ヤング略してCSN&Y)という
アメリカの西海岸のコーラス・ロック・グループに
居たStephen Stillsという人の曲です。
(このグループの中では後にアメリカの国民的歌手と
呼ばれ、オリンピックの開会式でも歌ったNeil Young
がとくに有名です。)
この「Love The One You're With」はそのStephen
StillsのCSN&Y時代の70年にに出したファースト・
アルバム「Stephen Stills」に収められた曲で、
ちょっとヒットしたぐらいの曲なんですね。
正直よくこんな曲を歌っていたなぁというくらいの
珍しい曲です。
おそらくこの曲は70年以降の録音です。

Love The One You're With - Phyllis Dillon


stephen_stills_lp_01a
Stephen Stills - Stephen Stills (1970) LP

クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング - Wikipedia

15曲目「Woman Ghetto」は、アメリカの女性ジャズ・
シンガーMarlena Shawのヒット曲
「Woman Of The Ghetto」です。
この曲はたびたびレゲエでもカヴァーされている
人気曲です。

ラストの16曲目はポピュラー・グループThe Carpenters
のヒット曲として知られる「Close To You」です。
この曲は彼らを育てたポピュラーの作曲家としてよく
知られているBurt Bacharachの名曲です。

こうして聴いて来ると、特に彼女Phyllis Dillonの
オリジナル曲「Don't Stay Away」や「Perfedia」、
「Right Track」などの魅力が際立ちます。
これらの曲は作られてから半世紀近く経つというのに、
全く古びていないんですね。
この時代のPhyllis Dillon、バックを務めたTommy
McCook & Supersonics、さらにTreasure Isleという
レーベルがいかに質の高い音楽を作っていたかが
あらためて思い知らされるアルバムになっています。

昔のアルバムという偏見を捨ててこのアルバムを
聴く事を、おススメします。
そうすればあなたの今まで聴いた事の無い世界に
出会えるかもしれません。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Phyllis Dillon
○アルバム: One Life To Live
○レーベル: Treasure Isle
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1972

○Phyllis Dillon「One Life To Live」曲目
1. Don't Stay Away
2. One Life To Live
3. Picture On The Wall
4. You Are Like Heaven To Me
5. Eddie Oh Baby
6. We Belong Together
7. Nice Time
8. Something
9. Love That A Woman Should Give To A Man
10. Perfedia
11. Right Track
12. Love The One You're With
13. Rocksteady
14. I Can't Forget About You Baby
15. Woman Ghetto
16. Close To You