今回はVarious(オムニバス)もののアルバム

trasure_isle_01a

「Hottest Hits Volume 2」です。

今回のアルバムは1977年にTreasure Isle
レーベルから出された、同レーベルのロックステディ
時代のヒット曲を集めたコンピュレーション・
アルバムです。

まずはTreasure Isleレーベルについて説明して
おくと、ジャマイカがまだスカの時代から活躍する
主催者のArthur 'Duke' Reidを中心とする
老舗レーベルです。
このレーベルはジャマイカが60年代のまだスカの
からロックステディの時代に、ライバルのStudio One
と並ぶ2大レーベルだったんですね。
このDuke Reidという人は、腰に2丁拳銃をぶら
下げて、演奏が気に入らないと拳銃を天井にぶっ放す
という、かなりコワモテの人だった事で知られて
います。

レーベル特集 Treasure Isle (トレジャー・アイル)

ロックステディについても一言説明しておきます。
ロックステディはレゲエの前身となった音楽で、
1966年から68年までのわずか3年間だけ
流行した音楽だったんですね。
ジャマイカの音楽史を見て行くと、50年代は
労働歌であったメント、50年代後半にアメリカの
ブルースなどに影響を受けたスカが誕生し、66年
頃にこのスローで甘いメロディ・ラインを持った
ロックステディが誕生するんですね。
しかしその中心人物だったJackie MittooやLyn Taitt
がカナダ移住をしてしまった事で、わずか3年という
短い期間でロックステディのブームは終わってしまう
んですね。
その後の60年代後半に誕生した音楽が、レゲエ
なんですね。

ロックステディ - Wikipedia

今回のアルバムはそうしたロックステディの時代に
もっとも光り輝いていたレーベルTreasure Isle
のヒット曲を集めたアルバムです。
その主催者であったDuke Reidは、75年にガンの
ために亡くなっています。
その追悼の為に作られたシリーズのようです。
ちなみにこのシリーズは第3集まであるようですが、
そのすべての曲がTreasure Isleというレーベル
から出た大ヒット曲なんですね。

全16曲で収録時間は44分31秒。

詳細なミュージシャンの表記はありません。

ただPhyllis Dillonの曲など多くの楽曲は、Treasure
Isleの専属バンドTommy McCook & SuperSonicsが
行っているようです。

Pressure Soundsレーベルから出ている、このTommy McCook
& SuperSonicsのダブを集めたアルバム「Pleasure Dub」
には、Tommy McCook & SuperSonicsのメンバーとして
以下の名前があります。

tommy_mccook_01a
Tommy McCook & SuperSonics - Pleasure Dub (1976)

Drums: Paul Douglas, Winston Greman, Hugh Malcolm,
Arkland 'Drumbago' Parks & 'Wade' from Los Cabballeros
Bass: Clifton 'Jackie' Jackson & Lloyd Spence
Guitar: Ernest Ranglin, Nerlyn 'Lynn' Taitt,
George 'Cowboy' Tucker, Lorraine Bop' Williams
Piano: Gladstone 'Gladdy' Anderson
Organ: Aubley Adams, Lloyd DelPratt, Nevelle Hinds, Winston Wright
Alto,Baritone & Tenor Saxophone: Herman Marquis
Alto Saxophone: Mark West
Tenor Saxophone: Tommy McCook
Trumbone: Vincent 'Don D Junior' Gordon, Danny Simpson
Trumpet: Winstone Graham, Johnny 'Dizzy' Moore, Mark West

このメンバーがおそらくはバックを務めているん
じゃないかと思いますが、あくまで参考程度に見て
おいてください。

さて今回のアルバムですが、すべてがロックステディ
の時代ヒット曲というアルバムで、コンピとしては
文句なしのアルバムです。
これを聴けばロックステディとはどういう音楽だった
のか、その全てが解るアルバムになっています。

1曲目はAlton Ellisの「Girl I've Got A Date」です。
言わずと知れたロックステディの大名曲ですね。
Alton Ellisという歌手の魅力が刻まれた1曲です。

Alton Ellis - Girl I've Got A Date


アーティスト特集 Alton Ellis (アルトン・エリス)

2曲目はSensationsの「Every Day Is Like A Holiday」
です。
「毎日が日曜日」と歌うシビレるロックステディ・
ナンバーです。

Sensations - Everyday Is Just A Holiday


3曲目はFreddy Mckayの「Love Is A Treasure」です。
Freddy Mckayは当時はアルバムは少ない歌手でしたが、
シングルで多くのヒット曲を残した名シンガーです。
この曲は「Picture On The Wall」などと並ぶ彼の
代表曲のひとつです。

アーティスト特集 Freddie Mckay (フレディ・マッケイ)

4曲目はPhyllis Dillonの「Don't Stay Away」です。
Phyllis Dillonは「クウィーン・オブ・ジャマイカン
・ソウル」とも呼ばれた、ロックステディの時代の
名シンガーです。
この「Don't Stay Away」は今もリピートされ続ける
大名曲です。
聴けば解りますが、バックのTommy McCook & SuperSonics
の奏でるメロディは、半世紀以上経った今聴いても
全く古びていないんですね。

アーティスト特集 Phyllis Dillon (フィリス・ディロン)

5曲目はThe Melodiansの「You Don't Need Me」です。
The Melodiansは「Rivers Of Babylon」などのヒット
曲を持つコーラス・グループです。

アーティスト特集 Melodians (メロディアンズ)

6曲目はThe Techniquesの「My Girl」です。
The Techniquesはロックステディの時代に人気を
博したコーラス・グループです。
この曲はレゲエの時代になっても、たびたびカヴァー
された名曲です。
女性シンガーに歌われる時は「My Man」と変わって
歌われたりしています。

7曲目は再びPhyllis Dillonの「Perfidia」です。
こちらも今聴いてもとても素晴らしい1曲です。

Phyllis Dillon - Perfidia


8曲目は再びAlton Ellisの「La La Means」です。
こちらも文句なしの1曲です。

9曲目はこれまたThe Techniquesの「Travelling Man」
です。
コーラス・ワークの素晴らしさにシビレる1曲です。

The Techniques - travelling Man


10曲目は再びThe Melodiansの「I'll Get Along」
です。
彼らの個性を生かしたコーラス・ワークが光ります。

11曲目は女性シンガーJoya Landisの「Moonlight
Lover」です。
キャッチーなメロディが光る1曲です。

JOYA LANDIS - MOONLIGHT LOVER


12曲目は再びThe Techniquesの「How I Wish It
Would Rain」です。
極め付きの曲の素晴らしさです。
この時代はこうした美しいメロディが次々に生み
出された時代で、それがわずか3年という短い期間
だったにもかかわらず、今に至るまでたびたび
リピートされる要因になっています。

13曲目はLeroy & JR.の「Break Up To Make Up」
です。
ロックステディの時代に忘れられないコーラス・
グループのひとつがThe Heptonesです。
ただThe HeptonesはライバルのStudio Oneの
看板グループなんですね。
その為リード・ヴォーカルのLeroy Sibblesは、
Treasure Isleで歌う時は本名を使っていたのか?
今回は名義がLeroy & JR.になっています。

14曲目はParagonsの「Happy Go Lucky Girl」です。
John Holtの在籍したParagonsは、このTreasure Isle
の看板グループのひとつでした。
この曲も彼らのヒット曲のひとつです。

アーティスト特集 Paragons(パラゴンズ)

15曲目はThe Jamaicansの「Ba Ba Boom」です。
この曲もヒット・リディムとして長年愛されている
曲のひとつです。

シメの16曲目は再びAlton Ellisの「If I Could
Rule The World」です。
この時代の彼がいかに凄いシンガーだったかが、
実感として解る1曲です。

Alton Ellis - If I Could Rule This World - (Mr Soul Of Jamaica)


ざっと曲を追いかけて来ましたが、どの曲も
素晴らしいロックステディの名曲と呼ばれる曲
が揃ったアルバムです。
ロックステディというのがどういう音楽が知り
たければ、まずはこのアルバムを聴いてみるのも
悪い方法ではないと思います。
それほどこのアルバムには、聴けば解るという
説得力があるんですね。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Various
○アルバム: Hottest Hits Volume 2
○レーベル: Treasure Isle
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1977

○Various「Hottest Hits Volume 2」曲目
1. Girl I've Got A Date - Alton Ellis
2. Every Day Is Like A Holiday - Sensations
3. Love Is A Treasure - Freddy Mckay
4. Don't Stay Away - Phyllis Dillon
5. You Don't Need Me - The Melodians
6. My Girl - The Techniques
7. Perfidia - Phyllis Dillon
8. La La Means - Alton Ellis
9. Travelling Man - The Techniques
10. I'll Get Along - The Melodians
11. Moonlight Lover - Joya Landis
12. How I Wish It Would Rain - The Techniques
13. Break Up To Make Up - Leroy & JR.
14. Happy Go Lucky Girl - Paragons
15. Ba Ba Boom - The Jamaicans
16. If I Could Rule The World - Alton Ellis