今回はKeith & Texのアルバム

Keith_and_tex_01a

「Redux」です。

Keith & Texはロックステディの時代から
活躍するコーラス・デュオ・グループの
ようです。
このグループ今でも続いているようで、
昨年も来日公演があったようです。

今回のアルバムはそのKeith & Texの代表曲
を集めた1枚です。

全12曲で収録時間は37分06秒。

「Musicians」として次の表記があります。

Musicians: Lynn Tait, Hux Brown, Desmond Miles, Jackie Jackson, Gladstone Anderson,
Ike Bennett, Joe Lsaacs, Bobby Ellis

Lynn Taitはトリニダードトバコ出身の
ギタリストです。
ロックステディの時代にLynn Tait & The Jets
を率いて活躍したことで有名なミュージシャン
です。
そのLynn Taitが居ることから、これは
Lynn Tait & The Jetsと考えて良いのかも
しれません。

Lynn Tait(リン・テイト)

さて今回のアルバムですが、ネットの情報に
よると彼らの昔の曲をりマスターして編集、さらに
新録音も加えたアルバムなんだとか。
そのせいか多少ポツポツ音が入っている曲もあり
ましたが、たぶん雑音が取り切れなかったの
でしょう。
ただ全体に音はきれいです。

1曲目「Tonight」は彼らの代表曲のひとつで、
名リディムとして多くのアーティストにカヴァー
されています。
ロックステディの甘いメロディが、とても素敵な
曲です。

Keith and Tex - Tonight


4曲目「Let Me Be The One」も彼らのヒット曲の
ひとつらしいです。
意外とちょっと湿り気のあるメロディ・ラインを
得意とするデュオで、このあたりの曲はけっこう
日本人の好きなメロディだと思います。

Keith & Tex - Let Me Be The One


5曲目「What Kind Of Fool」は、同じくロックステディ
の時代に活躍したThe Cablesのカヴァー曲「What
Kind Of World」です。

cables_01a
The Cables - What Kind Of World

10曲目「Don't Look Back」はPeter Toshをはじめ
多くの歌手がカヴァーしていることでも知られて
いる曲です。
このロックステディの時代に作られた名曲のひとつです。

KEITH & TEX "Don't look back"


そしてラスト12曲目が「Stop That Train 」です。
この曲もロックステディの名曲としてよく知られて
いて、あのThe Wailers時代のPeter Toshがカヴァー
していたり、ダンスホール・レゲエの時代になっても
Clint Eastwood & General Saintがカヴァーして
いたりと、レゲエの歴史に名を刻む名曲のひとつ
なんですね。
彼らを代表する1曲です。

Keith & Tex- Stop That Train


今回のアルバムはその彼らのヒット曲「Tonight」、
「Don't Look Back」、「Stop That Train 」などを
中心に、間にうまく曲を入れ込んだ構成になって
います。
全体にロックステディの香りのプンプンするアルバム
になっています。

このジャマイカのロックステディの時代というのは、
1960年代後半のわずか3年しか続かなかった時代
なのですが、アメリカ音楽の影響を強く受けた甘く
切ないメロディが流行った時代なんですね。
意外と名曲がたくさん生まれた時代でもあります。

その後ジャマイカの音楽はアメリカ音楽への幻想
を捨て、アフリカ回帰を目指す自分のルーツに
根差したレゲエという音楽で大ブレイクする訳
なんですが、その前身のロックステディには
ロックステディにしかない魅力があります。
今回のアルバムにもそういう魅力が溢れていて、
ついつい聴き入ってしまうんですね。

このアルバムは良くも悪くもジャマイカ版
「ムード歌謡」という感じのアルバムなんですが、
むしろその気取らなさが人を惹きつける魅力に
なっています。
気が付くとついつい聴いている、そんなアルバム
なんですね。

機会があれば聴いてみてください。


○アーティスト: Keith & Tex
○アルバム: Redux
○レーベル: Soulbeats
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 2014

○Keith & Tex「Redux」曲目
1. Tonight
2. Hypunotic Eyes
3. Let Me Go Girl
4. Let Me Be The One
5. What Kind Of Fool
6. Tighten Up Your Girl
7. Yaba Yah Festival
8. Leaving On That Train
9. Lonely Man
10. Don't Look Back
11. Groovy Situation
12. Stop That Train