今回はThe Melodiansのアルバム

melodians_01a

「Sweet Sensation」です。

The Melodiansはロックステディの時期に活躍
したヴォーカル・グループです。
彼らの曲で一番有名なのは、Boney Mがカヴァー
して世界中で大ヒットしたという曲「River Of
Babylon」です。
今回のアルバムにはこの「River Of Babylon」や、
タイトル曲になっているUB40もカヴァーしたと
いう「Sweet Sensation」など彼らの代表曲が
収められています。

The Melodians - Sweet Sensation - リリック

全8曲で収録時間は27分11秒。

詳細なバック・ミュージシャンの表記はありません。

プロデュースはLeslie Kong。

手に入れたCDは中古の日本盤だったのですが、
それに付いていた鈴木智彦さんという方の解説に
よると、The Melodiansはトニー・ブリヴェット、
プレン・ダウ、トレヴァー・マクノウトンの
ヴォーカル・トリオで、他に作曲を担当する
レンフォード・コーグルという「影のメンバー」
が居たという事です。
「River Of Babylon」が世界的なヒットになって
いる事を考えれば、このレンフォード・コーグルと
いう人の作曲の才能も大したものだったのだと
思います。

さてこのアルバムですが、30分を切る長さなのは
ちょっと残念ですが、全体に聴き易い曲が多く彼ら
のハーモニーも素晴らしいので、とても出来の良い
アルバムだと思います。
ロックステディの頃の音楽って、良い意味でひねり
過ぎてないんですよね。
そこが気持ちイイです。

1曲目は表題曲にもなっている「Sweet Sensation」
です。
書いたようにのちにUB40もカヴァーしている人気曲
です。

The Melodians - Sweet Sensation


5曲目はよく知られる彼らのヒット曲「River Of
Babylon」です。

Rivers of Babylon- The Melodians


このロックステディの時代ぐらいから、ジャマイカの
音楽がブレイクするだけの「準備」が、徐々に整い出す
んですね。
今回のアルバムなどを聴いてみても楽曲がしっかり
しているし、あとはブレイクするきっかけのみだった
という事が解ります。
そして次に誕生した音楽レゲエでは、「アフリカ」を
テーマにして、彼らは念願の世界的なブレイクを果たす
事になります。

このアルバムはレゲエの前身である音楽ロックステディ
が楽しめるアルバムではないかと思います。

機会があれば聴いてみてください。


○アーティスト: The Melodians
○アルバム: Sweet Sensation
○レーベル: Nippon Phonogram
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1970

○The Melodians「Sweet Sensation」曲目
1. Sweet Sensation
2. Too Young To Fall In Love
3. Walking In The Rain
4. Let's Give Praise And Thanks
5. River Of Babylon
6. It's My Delight
7. I Do't Care
8. Rock It With Me