今回はDelroy Wilsonのアルバム

delroy_wilson_03a

「Sarge」です。

Delroy Wilsonはスカの時代から活躍する
シンガーです。
13歳という若さでデビューした彼はその後も
活躍を続け、ロックステディ→レゲエと
素晴らしい曲を残し続けて来ました。

Delroy Wilson (デルロイ・ウィルソン)

今回のアルバムはそんな彼がルーツ・レゲエの
時代の1976年に残したアルバムです。
内容はレゲエやポピュラー・ソングのカヴァー集
で、彼の歌手としての実力がよく解るアルバムに
なっています。

アルバムのオリジナル曲は10曲なんですが、
ボーナス・トラックとしてJanet KayとKen Parker
の曲が1曲ずつ付いた計12曲の、ちょっと変則
的なアルバムになっています。
ちなみにその12曲にさらにDelroy Wilsonの曲が
6曲追加された計18曲入りのCDもあるようです。

タイトルの「Sarge」の意味をネットで調べてみた
ところ、「軍曹(sergeant)」の会話言葉というのが
出て来ました。
彼Delroy Wilsonのあだ名か何かなのでしょうか?

全12曲で収録時間は47分12秒。
オリジナルは10曲で、ボーナス・トラック2曲
入っています。
そのボーナス・トラックがDelroy Wilsonではなく、
Janet KayとKen Parkerが1曲ずつと、ちょっと
変わったボーナス・トラックのアルバムです。

ミュージシャンについては以下の記述があります。

Bass: Roots Casanovas, Val Douglas
Drums: Michael Richards, Derrick Stewart
Guitar: Willie Lindo
Keyboards: Harold Butler, Lloyd Charmers
Special Effect: Lloyd Charmers

Engineers: George Raymond, Frank Aggarat
Backing Voices: The Charmers
Produced by: Lloyd Charmers
Art Direction: Lloyd Charmers
Design & Art Work: Pig-Pen Studio

となっています。

さて今回のアルバムですが、レゲエレコード・コム
のこのアルバム評などを見ると、

「1曲目に収録されているBob Marleyのカバーが大ヒット」
「レゲエのガイド本で有名な“Rough Guide to Reggae”
ではDelroy Wilsonのベストアルバムに選ばれております」
(レゲエレコード・コムのアルバム評より)

という事が書かれていました。
どうもこのDelroy Wilsonのルーツ期の代表作らしく、
レゲエ探しのアンチョコに使っている、2002年
シンコー・ミュージック刊行の本「Roots Rock Reggae」
でも、定番ディスク500枚の1枚に選ばれており、
「智」さんという方がこのアルバムを絶賛しているん
ですね。

一言で言えばただのカヴァー集なのですが、確かに
このアルバムを聴いてみると、その絶賛している
理由もよく解る気がしました。
やはりこのDelroy Wilsonの歌には歌手としての
しっかりした力があるんですね。
カヴァー集であることでかえって曲調に幅があり、
楽しく聴く事が出来るアルバムになっているんですね。
内容は悪くありません。

1曲目はBob Marleyの有名曲「I'm Still Waiting」
です。
レゲエのヒット・ナンバーをDelroy Wilsonは気持ち
良さそうに歌っています。

DELROY WILSON - I'M STILL WAITING


2曲目はSlim Smithのヒット曲として知られる
「My Conversation」です。

Delroy Wilson My Conversation


4曲目はKen Bootheの同名曲のカヴァーです。
丁寧な歌いぶりが思わずグッと来る1曲です。

5曲目はSimon & Garfunkelのコーラス・デュオで
有名なポピュラー・シンガーPaul Simonのヒット曲
「Cecilia」のカヴァー。
アレンジが聴いているので少し違う曲に聴こえます。

6曲目は「Ant That Loving You」です。
この曲はソウル・シンガーのLuther Ingramのヒット曲
「Ain't That Loving You」のようです。
Delroy Wilsonのソウルフルな歌唱が魅力的な1曲です。

7曲目の「Got A Date」はAlton Ellisのヒット曲
「Girl I've Got A Date」です。

Delroy Wilson Got A Date


8曲目の「Everybody Needs Love」は、Slim Smith
のヒット曲のようです。

Delroy Wilson - Every Body Needs Love (Charmers)


9曲目の「Green Green Grass Of Home」は、ポピュラー・
ソングの大ヒット曲で、Tom Jonesの曲として知られて
いる曲です。
日本でも大ヒットした曲で「思い出のグリーングラス」
という邦題でよく知られています。

10曲目の「Too Late For The Learning」は、なんと
Tom Paxtonという人のカントリー・ソングのようです。

ここまでがオリジナル・アルバムに入っていた楽曲です。
実際に聴いた印象としては、なかなか悪くないです。
あのレゲエ博士として知られるSteve Barrow氏が書いた
本「Rough Guide to Reggae」で絶賛されているとの事
ですが、何となくわかる気がしました。

実は「Rough Guide to Reggae」買って持っているん
ですよね。
どうも訳が直訳っぽくて読みづらくて、初めの方を
読んだだけでそのままになっています(笑)。
ただ今回のアルバムなんかも載っているとなると、
やっぱり読まないといけませんよね。

さてその後に「オマケ」の曲が付いているんですが、
なぜDelroy Wilsonの曲ではなくて、Janet Kayと
Ken Parkerの曲を入れてしまったんでしょうね?
ビデオなどに付いている近日発売の感覚なのか?
これは明らかに蛇足で、Delroy WilsonもJanet Kayも
Ken Parkerも、誰も得をしない無駄な入れ方という
気がしました。
ちょっと興を削がれる入れ方です。
そこがこのアルバムの唯一のマイナス・ポイントかも…。

ある意味普通のカヴァー集ですが、Delroy Wilsonと
いう人の実力と魅力がよく解るアルバムです。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Delroy Wilson
○アルバム: Sarge
○レーベル: Charmers Records
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1976

○Delroy Wilson「Sarge」曲目
1. I'm Still Waiting
2. My Conversation
3. Moving Away
4. I Don't Want To See You Cry
5. My Cecelia
6. Ant That Loving You
7. Got A Date
8. Everybody Needs Love
9. Green Green Grass Of Home
10. Too Late For The Learning
Bonus Tracks
11. Iko Iko - Janet Kay
12. I'm Just A Guy - Ken Parker

●今までアップしたDelroy Wilson関連の記事
〇Delroy Wilson「Dancing Mood」
〇Delroy Wilson「Dub Plate Style: Remixed Prince Jammy 1978」
〇Delroy Wilson「The Best Of Delroy Wilson: Original Twelve」
〇King Tubby's (Prince Jammy) And The Agrovators, (Delroy Wilson)「Dubbing In The Back Yard / (Go Away Dream)」
〇Delroy Wilson「Better Must Come」
〇Various「Can't Stop The Dread」