今回はBarry Brownのアルバム

barry_brown_03a

「Lets Go To The Blues」です。

Barry Brownはルーツ・レゲエの時代から
初期のダンスホール・レゲエの時代に活躍
したシンガーです。

Barry Brown (バリー・ブラウン)

今回のアルバムは2009年にKingston
Soundsから出された、彼の代表曲を集めた
コンピュレーション・アルバムです。
音源としては当時プロデューサーとして
活躍したBunny Leeのいわゆる「Bunny Lee
音源」が使われているようです。
「Far East」をはじめ、彼の代表曲が
収められています。

全16曲で収録時間は53分51秒。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

Drums: Carlton 'Santa' Davis, Sly Dunbar
Bass: Robbie Shakespeare
Lead Guitar: 'Chinna' Smith
Rhythm Guitar: Tony Chin
Organ: Winston Wright
Piano: Tarzan
Tenor Saxophone: Tommy McCook
Trombone: Bobby Ellis
Alto Saxophone: Lennox Brown

Recorded at Harry J's, King Tubby's studio's
Produced by: Bunny Lee

となっています。

プロデューサーがBunny Leeなので、
バックはThe Aggrovatorsと考えて良い
でしょう。
今回はコンピなので、ここに記載されている
メンバーはあくまでメンバーとして解って
いる人ぐらいに考えた方が良いかもしれ
ません。
トロンボーンでBobby Ellisという記載は
見た事が無いのですが、トランペットの
間違いじゃないですかね?(笑)

さて今回のアルバムですが、Barry Brown
の代表曲を集めたそつのないコンピュレーション
という感じのアルバムです。
内容的には悪くないアルバムだとは
思いますが、やはり彼の代表作「Far East」
よりは手に入れる順番が後のアルバムと
いう事になってしまうんですね。

barry_brown_02a
Barry Brown - Far East

ただ彼のベストアルバムといった内容なので、
まず彼Barry Brownという歌手を知るには
悪い内容ではありません。
まず聴いてみて気に入ったら追っかけて
みるという方法もあるので、とりあえず
聴いてみたいという人には悪くないと
思います。

1曲目の「Trying Youthman」から彼の
世界に引き込まれてしまいます。
やっぱりこのルーツ期のヴァイブスと
いうのは、他の時代にない特別なもの
なんですよね。
Barry Brownの気持ちよさそうな歌声が、
何とも言えないです。

2曲目の「Stop Them Jah Jah」は、
あのThe Abyssiniansで有名な
「Declaration Of Rights」のリディム
です。

他に表題曲の4曲目「Lets Go To
The Blues」や彼の有名曲13曲目
「Far East」など、このルーツ期の
Barry Brownには他の有名歌手に
引けを取らない魅力があります。

このKingston SoundsやJamaican
Recordingsなどのリイシュー・
レーベルは、そのリリースのほとんど
を「Bunny Lee音源」に頼っている
ようなところがあって、そのせいか
Bunny Leeの音の好みも引き継いで
しまっているようなところが見られ
ます。
ジャマイカとイギリスをまたにかけて、
レゲエを世界に売るのに尽力した
プロデューサーのBunny Leeですが、
意外と作る音は手堅いところがある
んですね。
ある意味安心して聴ける音とも言え
ますが、同じリイシュー・レーベル
でもPressure SoundsやBlood & Fire
がけっこうビックリするほど面白い音
を見つけて来る事があるのに較べると、
ちょっと手堅過ぎて面白みに欠ける
ところがあるのも事実です。
ただ丁寧な仕事ぶりは好感が持てる
レーベルです。

やっぱりこのルーツ期のBarry Brown
の歌声は、とても気持ちが良いです。
この時期に活躍したシンガーとして、
押さえておきたいひとりだと思います。

機会があれば聴いてみてください。

Barry Brown - Trying Youthman - (Step It Up Youthman)


Barry Brown - Let's Go To The Blues 2009



○アーティスト: Barry Brown
○アルバム: Lets Go To The Blues
○レーベル: Kingston Sounds
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 2009

○Barry Brown「Lets Go To The Blues」曲目
1. Trying Youthman
2. Stop Them Jah Jah
3. Step It Up
4. Lets Go To The Blues
5. Fittest Of The Fittest
6. Politician
7. Cool Pon The Corner
8. Give Thanx And Praise
9. Natty Rootsman
10. Big Big Pollution
11. Mr Money Man
12. Godfather
13. Far East
14. Lead Us Jah
15. 30 Pieces Of Silver *
16. Love Is The Answer *
* CD Bonus tracks