つれづれげえ日記

70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

更新情報

今回はThe Mighty Diamondsのアルバム 「Right Time」です。 The Mighty Diamondsは70年代のルーツ・ レゲエの時代から80年代のダンスホールの 時代に活躍したコーラス・グループです。 リード・ヴォーカルのDonald 'Tabby' Shaw を中心にコーラスのLloyd 'Judge' Fer
『Mighty Diamonds「Right Time」』の画像

今回はThe Mighty Diamondsのアルバム 「When The Right Time Come I Need A Roof」です。 The Mighty Diamondsは70年代のルーツ・ レゲエの時代から80年代のダンスホールの 時代に活躍したコーラス・グループです。 リード・ヴォーカルのDonald 'Tabby' Shaw を中心
『Mighty Diamonds「When The Right Time Come I Need A Roof」』の画像

今回はDub Specialistのアルバム 「17 Dub Shots From Studio One」です。 Dub SpecialistはStudio Oneなど多くの レーベルでミキサーとして活躍した Sylvan Morrisの別名だと思われています が、正確にはStudio Oneのダブ作成の プロジェクト名のようです。 ネットのDis
『Dub Specialist「17 Dub Shots From Studio One」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「King Tubbys Presents Soundclash Dubplate Style」です。 まずはこのアルバムに関係のあるKing Tubby (King Tubbys)について語っておこうと 思います。 King Tubbyはルーツの時代から活躍するダブ のミキサーであり、プ
『Various「King Tubbys Presents Soundclash Dubplate Style」』の画像

今回はToyanとTipper Lee、Johnny Slaughter のアルバム 「Murder」です。 Toyan(本名:Byron Everton Letts)は 80年代のダンスホール・レゲエで活躍した ディージェイです。 この人のDiscogsなどのディスコグラフィー を見ると、82年と83年にすごく多くの アルバ
『Toyan with Tipper Lee + Johnny Slaughter「Murder」』の画像

今回はCornell Campbellのアルバム 「Sweet Baby」です。 Cornell Campbellはロックステディの時代に The Eternalsのリード・ヴォーカルとして活躍 し、「Stars」や「Queen Of The Minstrels」 などのヒット曲を持つシンガーです。 その後のレゲエの時代になっても同郷の
『Cornell Campbell「Sweet Baby」』の画像

今回はI Royのアルバム 「Gussie Presenting I Roy」です。 I Royは70年代から活躍したルーツ・ ディージェイの中でも、もっとも人気を 博したディージェイです。 その鋭いトースティングで、デビューから 10年間常にトップ・ディージェイの地位 を維持し続けたという
『I Roy「Gussie Presenting I Roy」』の画像

今回はBig Youthのアルバム 「Screaming Target」です。 Big Youthは70年代のルーツ・レゲエの 時代から活躍するルーツ・ディージェイ です。 その息遣いまで曲にしてしまうような自由 なディージェイ・スタイルで70年代に 人気を博し、「Hit The Road Jack」や 「Eve
『Big Youth「Screaming Target」』の画像

今回はBarrington Levyのアルバム 「Shaolin Temple」です。 Barrington Levyは80年代のダンス ホール・レゲエで活躍したシンガーです。 70年代にルーツ・レゲエで世界的に認知 されたレゲエは、80年代になるとさらに 新しい音楽と、Bob Marleyに変わる新しい スタ
『Barrington Levy「Shaolin Temple」』の画像

今回はBunny Wailerのアルバム 「Protest」です。 Bunny Wailerはスカの時代からThe Wailers の一人として活躍したのちに、ソロとしても 活躍したシンガーです。 スカの時代にBob MarleyとPeter Toshと 3人組コーラス・グループThe Wailersを 結成した彼は、名門レーベ
『Bunny Wailer「Protest」』の画像

今回はAl Campbellのアルバム 「Rainy Days / Diamonds」です。 Al Campbell(本名Alphonso Campbell)は 70年代のルーツ・レゲエの時代から 80年代のダンスホール・レゲエの時代に 活躍したシンガーです。 ネットのDiscogsには彼のプロフィールと して、次のような事
『Al Campbell「Rainy Days / Diamonds」』の画像

今回はJunior Keattingのアルバム 「Weekend Lover」です。 Junior Keattingについてはあまり情報が ありません。 ネットのDiscogsを見ると、彼が1980年 に今回のアルバム「Weekend Lover」を リリースしている事と、1980年から 2013年にかけて14枚くらいの
『Junior Keatting「Weekend Lover」』の画像

今回はLittle John / Anthony Johnsonの アルバム 「Unite / Reggae Feelings」です。 Little John(本名John McMorris)は 80年代のダンスホール・レゲエの時代に 活躍したシンガーです。 1970年に生まれた彼は80年代前半の アーリー・ダンスホールで、10歳に
『Little John / Anthony Johnson「Unite / Reggae Feelings」』の画像

今回は家でジックリとレゲエでも聴いて いたいものだったのですが、母の知り合いが 訪ねて来るとの事で、急きょ午後から外出 する事にしました。 せっかくなのでいつもはあまり買い物に 行かない、横浜や馬車道あたりに出かけて みる事に。 まずは横浜から出ている地下鉄で
『横浜や馬車道あたりをブラブラ歩き回る』の画像

一昨日(5日)午前中にネットのdisk union から注文していたCDが届きました。 注文していた商品は以下。 ○Little John / Anthony Johnson「Unite / Reggae Feeling」 ○Toyan with Tipper Lee + Johnny Slaughter「Murder」 ○King Tubby's and The Aggrovators / Delr
『ネットのdisk unionからクレイマー扱いされる?』の画像

今回はThe Heptonesのアルバム 「On Top」です。 The Heptonesはロックステディの時代から ルーツ・レゲエの時代に活躍した、リード・ ヴォーカルのLeroy Sibbles、コーラスの Earl MorganとBarry Llewelynからなる、 3人組のコーラス・グループです。 特にロックステデ
『Heptones「On Top」』の画像

今回はThe Abyssiniansのアルバム 「Satta Dub」です。 The Abyssiniansはロックステディの 時代に「Love Me Forever」のヒット曲を 持つCarlton & The ShoesのManning3兄弟 のコーラスを担当していた(The Shoesの 方)のDonald ManningとLinford Manning の2人と、ソ
『Abyssinians「Satta Dub」』の画像

今回はJackie Mittoo And The Soul Vendors のアルバム 「Evening Time」です。 Jackie Mittooは60年代のスカの時代に 伝説のスカ・バンドThe Skatalitesの キーボード奏者として活躍し、さらにレゲエ の前身のロックステディの時代になると Studio Oneのバック・バンド
『Jackie Mittoo And The Soul Vendors「Evening Time」』の画像

今回はBob Marley And The Wailersの アルバム 「Live!」です。 Bob Marley & The Wailersはもともとは The Wailersという名前で、60年代のス カの時代にBob MarleyとPeter Tosh、 Bunny Wailerの3人組コーラス・グループ として結成されたグループです。 名門レーベル
『Bob Marley And The Wailers「Live!」』の画像

今回はTony Rebelのアルバム 「If Jah」です。 Tony Rebel(本名Patrick George Anthony Barrett)は80年代半ばから活躍する レゲエのディージェイであり、シンガーで ある人です。 あの若くして亡くなったGarnet Silkの親友 としても知られ、レゲエという音楽が スラ
『Tony Rebel「If Jah」』の画像

今回はPeter Metro Also Featuring Tonto Metroのアルバム 「No Problem」です。 Peter Metro(本名Peter Clarke)は、Discogs やWikipediaの彼の解説文によると、初めは Peter Rankingの名前でディージェイを始めた ものの、同名のディジェイがいる事が解り Peter Metro
『Peter Metro Also Featuring Tonto Metro「No Problem」』の画像

今回はMatumbiのアルバム 「Seven Seals」です。 Matumbiについては英語のWikipediaに次の ように書かれています。 Matumbi were one of the top British reggae bands of the 1970s and early 1980s, and are best known as the first successful band of guitarist an
『 Matumbi「Seven Seals」』の画像

今回はKing Tubby And The Aggrovatorsの アルバム 「Shalom Dub」です。 King Tubbyはルーツの時代から活躍するダブ のミキサーであり、プロデューサーである人 です。 もともと電気技師だった彼は、ルーツ・ レゲエの時代からミキサーとして活躍し、 ダブの創成期からダ
『King Tubby And The Aggrovators「Shalom Dub」』の画像

今回はU-Brownのアルバム 「You Can't Keep A Good Man Down」です。 U-Brownは70年代のルーツ・レゲエの時代 から活躍したディージェイです。 U Royのフォロワーとして登場した彼は、 70~80年代にかけて様々なサウンド システムを渡り歩き、活躍した事で知られて
『U-Brown「You Can't Keep A Good Man Down」』の画像

今回はBurning Spearのアルバム 「The Fittest Of The Fittest」です。 Burning Spear(本名Winston Rodney)は、 レゲエを聴く人なら知らない人は居ない ほど有名なルーツ・シンガーです。 Studio Oneからデビューした彼は常に ディープなルーツ・レゲエを歌い続けた シ
『Burning Spear「The Fittest Of The Fittest」』の画像

今回はHugh Mundellのアルバム 「Mundell」です。 Hugh MundellはAugustus Pabloの元から 78年に「Africa Must Be Free By 1983」 で衝撃的なデビューを飾ったラスタ・ シンガーです。 Hugh Mundell - Africa Must Be Free By 1983 + Dub 80年に「Time & Place」とL
『Hugh Mundell「Mundell」』の画像

今回はRas Michael & The Sons Of Negusの アルバム 「Revelation」です。 Ras Michael & The Sons Of Negusはレゲエ の中でも特にディープな、ラスタファリアン の集会音楽「ナイヤビンギ」のグループと して知られています。 レゲエという音楽が誕生する以前の60年代
『Ras Michael & The Sons Of Negus「Revelation」』の画像

今回はYellowmanのアルバム 「Them A Mad Over Me」です。 Yellowmanは80年代のダンスホール・ レゲエの時代に「King」と呼ばれるほど の人気を博したディージェイです。 アルビノ(先天性色素欠乏症)で生まれた 彼は、幼い頃に両親に捨てられ孤児院で 育つという辛い経
『Yellowman「Them A Mad Over Me」』の画像

今回はJah Wooshのアルバム 「Jah Woosh Collection Vol 1 1972-1976」です。 Jah Woosh(本名Neville Beckford)は レゲエのディージェイやプロデューサーと して活躍した人です。 おもに70年代から80年代前半にディー ジェイとして多くのアルバムやシングルを リリ
『Jah Woosh「Jah Woosh Collection Vol 1 1972-1976」』の画像

今回はJoseph Cottonのアルバム 「Showcase」です。 Joseph Cotton(本名Silbert Walton)は 70年代半ば~80年代半ばまでJah Walton の名前で活躍していたディージェイで、その 期間にアルバム1枚と多くのシングルを リリースしています。 80年代半ばからはこのJos
『Joseph Cotton (Jah Walton)「Showcase」』の画像

今回はDillingerのアルバム 「Ready Natty Dreadie」です。 Dillingerはルーツ・レゲエの時代から活躍 するディージェイです。 ディージェイを始めた当初は「ヤング・ アルカポーン」と名乗るほど、当時の人気 ディージェイDenis Alcaponeに憧れていた彼 でしたが、プロデ
『Dillinger「Ready Natty Dreadie」』の画像

今回はThe Mighty Diamondsのアルバム 「Stand Up To Your Judgement」です。 The Mighty Diamondsは70年代のルーツ・ レゲエの時代から80年代のダンスホールの 時代に活躍したコーラス・グループです。 リード・ヴォーカルのDonald 'Tabby' Shawを 中心にコーラスのL
『Mighty Diamonds「Stand Up To Your Judgement」』の画像

今日は月一のレゲエのアルバムの買い出しに 出ました。 ここのところYouTube検索などをしていたら、 今ではもう手に入りづらいと思われる無数の アルバムを発見。 有名なアーティストは今でも売られている ものがまだかなりありますが、マイナーで リリースも少なかったアー
『曇り空で蒸し暑い夏の日にレゲエのアルバムを探して歩き回る』の画像

今回はMaya Dread (Jah Lloyd)のアルバム 「Kaya Dub (Herb Dub)」です。 まず初めに書いてしまいますが、今回の アルバムはMaya Dreadの「Kaya Dub」と いうアルバムですが、Jah Lloydの有名なダブ 「Herb Dub」と曲のタイトルやジャケット、 アーティスト名などが違って
『Maya Dread (Jah Lloyd)「Kaya Dub (Herb Dub)」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「King Jammys Dancehall 4: Hard Dancehall Lover 1985-1989」です。 King Jammy(Prince Jammy)はレゲエの歴史 の中で、King Tubbyと並ぶ最も偉大な プロデューサーであり、ミキサーである人 です。 70年代からKing Tubby
『Various「King Jammys Dancehall 4: Hard Dancehall Lover 1985-1989」』の画像

今回はSoul Syndicate (Black Roots Players) のアルバム 「Ghetto-Ology Dubwise」です。 Soul Syndicateはジャマイカの伝説的な ギタリストEarl 'China' Smithをリーダーと するグループです。 グループとしてアルバム「Harvest Uptown」 など数枚のアルバムを出してい
『Soul Syndicate (Black Roots Players)「Ghetto-Ology Dubwise」』の画像

今回はSugar Minottのアルバム 「Ghetto-Ology」です。 Sugar Minottはレゲエを代表するシンガー の一人です。 70年代のルーツ・レゲエの時代にDerek 'Eric Bubbles' HowardとWinston 'Tony Tuff' MorrisとAfrican Brothersという 3人組コーラス・グループAfrican Br
『Sugar Minott「Ghetto-Ology」』の画像

今回はDennis Brownのアルバム 「Super Reggae & Soul Hits」です。 Dennis Brownは70年代のルーツ・レゲエ の時代から活躍した名シンガーです。 Studio Oneからアルバム・デビューした彼 はその後も活躍を続け、Joe GibbsやWinston 'Niney' Holnessといったプロデュー
『Dennis Brown「Super Reggae & Soul Hits」』の画像

今回はMother Natureのアルバム 「Breath Of Fresh Air」です。 Mother NatureはUKのプロデューサー Mad Professorが率いるレーベルAriwaの スタジオ・ミュージシャンDrumtan Ward やBlack Steelなどを中心とした、この アルバムの為のプロジェクトのようです。 198
『Mother Nature「Breath Of Fresh Air」』の画像

ここのところあまりレゲエのアルバム評の アップが進んでいません。 それには理由があって、ここのところ健康の 為に少し歩く事を始めたんですが、ただ 歩いているだけだと退屈なので、その歩いて いる時に音楽を聴こうと思い立ったんです ね。 そこでどういう音楽を聴くか
『つれづれげえな話 その09』の画像

今回はJacob Millerのアルバム 「The 'Killer' Rides Again!」です。 Jacob Millerは全盛期にはジャマイカで あのBob Marleyと並ぶほどの人気のあった シンガーです。 またInner Circleのヴォーカリストとして 活躍した事でも知られています。 1980年に交通事故で、2
『Jacob Miller「The 'Killer' Rides Again!」』の画像

今回はTippa Irieのアルバム 「Ah-Me-Dis」です。 Tippa Irie(本名Anthony Henry)は80年 代半ば頃からUKで活躍するレゲエのディー ジェイです。 Tippa Irie - Wikipedia 今回のアルバムは1989年にUSのI.R.S. Recordsというレーベルからリリースされた 彼の
『Tippa Irie「Ah-Me-Dis」』の画像

今回はThe Meditationsのアルバム 「Wake Up!」です。 The Meditationsは70年代のルーツ・ レゲエの時代から活躍したコーラス・ グループです。 76年にファースト・アルバム「Message from the Meditations」でデビューした彼ら はその後も長く活躍を続け、多くのア
『Meditations「Wake Up!」』の画像

今回はHorace Andyのアルバム 「You Are My Angel」です。 Horace Andyはルーツ・レゲエの時代から 活躍するシンガーです。 Horace Hindsという名前で生まれた彼は、 Studio Oneから歌手デビューする際に レーベルの主催者C.S. Doddから、当時 人気だった歌手Bob Andyの名
『Horace Andy「You Are My Angel」』の画像

今回はErrol Dunkleyのアルバム 「The Early Years: The 1964 To 1973 Recordings」です。 Errol Dunkleyはスカからロックステディ、 初期レゲエにかけて人気を博したシンガー です。 その甘い歌声で「Black Cinderella」や 「Movie Star」などのヒット曲を持ち、 その後
『Errol Dunkley「The Early Years: The 1964 To 1973 Recordings」』の画像

今回はJohnny Osbourneのアルバム 「Smiling Faces」です。 Johnny Osbourneは60年代のロック ステディの時代から80年代のデジタルの ダンスホール・レゲエの時代まで長く活躍 したシンガーです。 ロックステディの時代にはThe Sensationsの メンバーとして「Come Bac
『Johnny Osbourne「Smiling Faces」』の画像

今回はLuie Lepki(Louie Lepkie)のアルバム 「Willie Red」です。 Luie Lepki(Louie Lepkie))は80年代の ダンスホール・レゲエで活躍したディージェイ です。 彼についてはネット上にあまり記述があり ません。 ただネットのDiscogsには、彼について次の ような説明文
『Luie Lepki(Louie Lepkie)「Willie Red」』の画像

↑このページのトップヘ