つれづれげえ日記

All rights reserved 無断流用や転載は禁止です。 許可なく「まとめサイト」などに勝手に登録する事は、絶対にやめて下さい。原則的に勝手に文章を流用する事は、許可していません。 70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

更新情報

今回はのアルバム 「I'm Not So Lucky」です。 Barry Brownは70年代のルーツ・レゲエの時代から 80年代のダンスホール・レゲエの時代に活躍した シンガーです。 Barry Brown (バリー・ブラウン) 今回のアルバムのオリジナルは1980年に発売された 前半が歌で後
『Barry Brown「I'm Not So Lucky」』の画像

今回はHorace Andyのアルバム 「In The Light/In The Light Dub」です。 Horace Andyはルーツ・レゲエの時代から活躍 するシンガーです。 本名はHorace Hindsでしたが、当時人気だった Bob Andyから名前を取ってHorace Andyとして デビューしましたが、初めはいとこのJust
『Horace Andy「In The Light/In The Light Dub」』の画像

今回はAugustus Pabloのアルバム 「One Step Dub」です。 Augustus Pabloはルーツ・レゲエを聴く人なら知らない 人は居ないほど有名なメロディカ奏者であり、 プロデューサーです。 それまで練習用の楽器ぐらいにしか思われていなかった メロディカをプロの楽器として使用
『Augustus Pablo「One Step Dub」』の画像

今回はEarl Zero With The Soul Syndicateの アルバム 「Visions Of Love」です。 Earl Zeroはルーツ・レゲエの時代に活躍した シンガー・ソング・ライターです。 Johnny Clarkeのヒット曲「None Shall Escape The Judgment」は、このEarl Zeroが作った事で 知られていま
『Earl Zero With The Soul Syndicate「Visions Of Love」』の画像

今回はRanking Joeのアルバム 「Weakheart Fadeaway」です。 Ranking Joeは70年代のルーツ・レゲエの時代から 活躍するディージェイです。 Ranking Joe (ランキン・ジョー) 今回のアルバムは1978年の作品で、このRanking Joeの代表作ともいえるアルバムです。
『Ranking Joe「Weakheart Fadeaway」』の画像

今回はCulture & The Deejay'sのアルバム 「At Joe Gibbs 1977-79」です。 Cultureは70年代のルーツ・レゲエの時代から活躍 するコーラス・グループです。 リード・ヴォーカルのJoseph Hill、コーラスの Albert Walker、Kenneth Paleyの3人組で、76年に Joe Gibbsの
『Culture & The Deejay's「At Joe Gibbs 1977-79」』の画像

今回はThe Gladiatorsのアルバム 「Bongo Red」です。 The Gladiatorsはリード・ヴォーカルのAlbert Griffithsを 中心とした楽器も演奏できるヴォーカル・トリオです。 70年代からStudio Oneを中心にジャマイカで人気を博し ましたが、1977年にVerginからアルバム
『The Gladiators「Bongo Red」』の画像

今回はAlton Ellisのアルバム 「The Best Of Alton Ellis」です。 Alton Ellisはレゲエの前身のロックステディ期から活躍した シンガーです。 Alton Ellis (アルトン・エリス) 今回のアルバムはそのAlton Ellisがロックステディ期の1969年に Studio Oneに残した
『Alton Ellis「The Best Of Alton Ellis」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Holy Ground: Alvin Ranglin's GG Records」です。 ネットでこのアルバムの事を調べてみましたが、全くといって良いほど 情報が出てきません(苦笑)。 そこで今回は多少推論も入りますが、自分なりにこのアルバムを分析 してみ
『Various「Holy Ground: Alvin Ranglin's GG Records」』の画像

今回はBurning Spearのアルバム 「Dry & Heavy」です。 Burning SpearことWinston Rodneyは、70年代のルーツ・ レゲエの時代から活躍するラスタ・シンガーです。 このBurning Spearという名前はずっと彼のあだ名なのですが、 一時期だけコーラス・グループの名前だっ
『Burning Spear「Dry & Heavy」』の画像

今回はSteel Pulseのアルバム 「Victims」です。 Steel Pulseは75年にイギリスのバーミンガムで結成された レゲエ・グループです。 ロック・アゲインスト・レイシズムの運動でも知られるイギリスを 代表する硬派の社会派グループです。 今回のアルバムは1991年にM
『Steel Pulse「Victims」』の画像

今回はWackiesのアルバム 「Jamaica Super Dub Session」です。 Wackiesは70年代のルーツ・レゲエの時代から活躍する ニューヨークのレゲエ・レーベルです。 主催者BullwackieことLloyd Burnsを中心に、なかなか レゲエが根付かなかったアメリカで、ニューヨークの 地
『Wackies「Jamaica Super Dub Session」』の画像

今回はKen Bootheのアルバム 「Freedom Street」です。 Ken Bootheはスカ→ロックステディ→レゲエの時代と活躍した 名シンガーです。 特にロックステディの時代の人気はすさまじく、その人気から 「ミスター・ロックステディ」と言われたほどの人気を 博しました。 Ken
『Ken Boothe「Freedom Street」』の画像

今回はFreddie Mckayのアルバム 「Tribal Inna Yard」です。 Freddy Mckayはロックステディの時代から活躍したシンガーです。 ルーツ・レゲエの時代に数々のヒット曲を残しましたが、シングル 盤での活躍がおもでアルバムは数少ないという変わった経歴の 持ち主です。 ジ
『Freddy Mckay「Tribal Inna Yard」』の画像

今回はJimmy Cliffのアルバム 「Harder Road To Travel: The Collection」です。 Jimmy Cliffはスカの時代から活躍したシンガーで、レゲエの 発展に大きな貢献をした人として知られています。 彼の主演した映画「Harder They Come」は、もっとも有名な レゲエ映画として
『Jimmy Cliff「Harder Road To Travel: The Collection」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Strong Like Sampson: Linval Thompson Presents The 12" Mixes」です。 Linval Thompsonは70年代のルーツ・レゲエの時代にシンガー としてキャリアをスタートし、80年代にはプロデューサーとして ダンスホール・レゲエ
『Various「Strong Like Sampson」』の画像

今回はThe Revolutionairesのアルバム 「Jonkanoo Dub」です。 The RevolutionairesはHookim兄弟が主催するレーベルChannnel One のセッション・バンドです。 ドラマーのSly Dunbarをリーダーとして70年代後半のルーツ・ レゲエの時代に、攻撃的なミリタント・ビート(
『The Revolutionaires「Jonkanoo Dub」』の画像

今回はCapital Lettersのアルバム 「Vinyard」です。 Capital Lettersは1972年にイギリスで結成されたルーツ・ レゲエ・グループです。 MatumbiやAswad、Steel Pulseなどと共にUKレゲエのパイオニア的 存在として活躍したバンドとして知られています。 79年にリ
『Capital Letters「Vinyard」』の画像

今回はKing Tubbyのアルバム 「King Of Dub」です。 さて今回のアルバムですが、実は「King Of Dub」というタイトルは ありますが、アーティストの表記がありません。 多くのネットの販売サイトの表記に合わせて「King Tubby」と しましたが、「Bunny Lee」や「Various」
『King Tubby「King Of Dub」』の画像

The Wailers - Get Up, Stand Up 今回はThe Wailersの代表曲「Get Up, Stand Up」について書いて みたいと思います。 この曲はThe WailersがIslandレーベルからメジャー・デビューした のちの、1973年に発表されたセカンド・アルバム「Burnin'」に 収められ
『Get Up, Stand Up - The Wailers』の画像

今回はU Royのアルバム 「Smile A While」です。 U Royはレゲエのトースティングというスタイルを 確立したディージェイです。 それまでもジャマイカのサウンド・システムには、 曲のイントロや合間に掛け声をかけて盛り上げる 「掛け声係」のようなディージェイは存在し
『U Roy「Smile A While」』の画像

今回はCharlie Chaplinのアルバム 「Quenchie」です。 Charlie Chaplin(チャーリー・チャップリン)といえば 20世紀の喜劇王、あの白黒無声映画で有名な映画俳優で 監督の人と思う人がほとんどだと思います。 ところがその有名人の名前をそのままパクって、付け ちゃ
『Charlie Chaplin「Quenchie」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Life Goes In Circles: Sounds From The Talent Corporation 1974 to 1979」です。 今回のアルバムは2006年にレゲエ・リイシュー・レーベル Pressure Soundsから出されたアルバムです。 副題に「Sounds From The Talen
『Various「Life Goes In Circles: Sounds From The Talent Corporation 1974 to 1979」』の画像

今回はThe Revolutionariesのアルバム 「I Came, I Saw, I Conquered」です。 The Revolutionariesは80年代の半ばよりHookim兄弟の主催する レーベルChannel Oneで、ドラマーのSly Dunbarをリーダーとして、 攻撃的なミリタント・ビート(ロッカーズ)で一世を風靡した
『The Revolutionaries「I Came, I Saw, I Conquered」』の画像

今回はSoul Syndicateのアルバム 「Friends & Family」です。 Soul Syndicateはジャマイカの伝説的なギタリストEarl China Smithを リーダーとするグループです。 グループとして「Harvest Uptown」など数枚のアルバムを出している他、 バック・バンドとしてもNiney The
『Soul Syndicate「Friends & Family」』の画像

今回はPrince Far I & The Arabsのアルバム 「Message From The King」です。 Prince Far Iはジャマイカだけではなく、イギリスのOn U Sounds などでも活躍したディージェイです。 独特のダミ声のトースティングは「Voice Of Thunder」と呼ばれて 人気を博し、多くのアル
『Prince Far I & The Arabs「Message From The King」』の画像

今回はScion Successのアルバム 「Scion Sashay Success」です。 Scion Successは、レゲエレコード・コムのJah Lifeレーベルの 紹介ページなどによると、ニューヨークを拠点として活躍した シンガーで、「キングストン、ロンドンにさえも影響力を持った 最初の1人として
『Scion Success「Scion Sashay Success」』の画像

今回はGregory Isaacsのアルバム 「Willow Tree: The Best Of Gregory Isaacs」です。 Gregory Isaacsはレゲエの歴史に欠かすことの出来ない ヴォーカリストの一人です。 70年代のルーツ・レゲエの時代から活躍を始めた彼は、 80年代のダンスホール・レゲエの時代に
『Gregory Isaacs「Willow Tree: The Best Of Gregory Isaacs」』の画像

今回はMad Professorのアルバム 「Psychedelic Dub: Dub Me Crazy 10」です。 Mad Professorはガイアナ出身の音楽プロデューサーで、 80年代の初めからイギリスにある自身のレーベル Ariwaを拠点にSandra Crossなどのラヴァーズ・ロック のアーティストのプロデュース
『Mad Professor「Psychedelic Dub: Dub Me Crazy 10」』の画像

今回はKing Tubbyのアルバム 「Rocker's Almighty Dub」です。 King Tubbyはダブのミキサーやプロデューサーとして とても有名な人です。 ダブというのはレゲエの楽曲のカラオケにエコーや リバーブなどのエフェクトを施すことで、原曲とは 違う作品に作り変えてしまう手
『King Tubby「Rocker's Almighty Dub」』の画像

今回はIsrael Vibrationのアルバム 「Dub Combo」です。 Israel VibrationはWiss、Skelly、Appleの3人で結成された コーラス・グループです。 彼ら3人ともが小児麻痺による身体的障害者で、リハビリ施設で 知り合った彼らは苦難の末に1978年に「Same Song」で アル
『Israel Vibration「Dub Combo」』の画像

今回はレゲエの歌詞について考えてみたいと思います。 実はこの間部屋を掃除していたらずいぶん前に買った 本が出て来ました。 それが1979年にクイック・フォックス社という ところから刊行された本「ボブ・マーリー」でした。 副題に「訳詩と写真で綴るキング・
『Soul Rebel(ソウル・レベル) - Bob Marley』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Randy's Vintage Dub Selection: Dubbing At Randy's 1969-1975 」です。 今回のアルバムはレゲエ・リイシュー・レーベルJamaican Recordingsが2003年に発表したアルバムで、VPの前身と なったレーベルRandy'sの未発表
『Various「Randy's Vintage Dub Selection: Dubbing At Randy's 1969-1975 」』の画像

今回はMad Professorのアルバム 「Afrocentric Dub: Black Liberation Dub Chapter 5」です。 Mad Professorはガイアナ出身の音楽プロデューサーです。 80年代の初めからイギリスにある自身のレーベルAriwaを拠点に Sandra Crossなどのラヴァーズ・ロックのアーティス
『Mad Professor「Afrocentric Dub: Black Liberation Dub Chapter 5」』の画像

今回はDub Specialistのアルバム 「Dub」です。 Dub Specialistは本名はSylvan Morrisで、この Dub Specialist名義で老舗レーベルStudi Oneに 数多くのダブ・アルバムを残したことで知られる人です。 Studio One (スタジオ・ワン) この人にスポットが当たったのはこ
『Dub Specialist「Dub」』の画像

今回はJezzreelのアルバム 「Great Jah Jah: Showcase」です。 ネットなどの情報によるとJezzreelは、ニューヨークの Wackiesで活躍したClive DavisとChristopher Harvey からなるヴォーカル・デュオとのことです。 ちなみに「Jezzreel」の読み方ですが、「ジェジベル」
『Jezzreel「Great Jah Jah: Showcase」』の画像

今回はRanking Joe With Black Uhuru, Dennis Brownのアルバム 「Zion High」です。 Ranking Joeは70年代から活躍するレゲエ・ディージェイです。 78年にChannnel Oneから出したアルバム「Weakheart Fadeaway」 は彼の代表作で、The Revolutionariesをバックにした
『Ranking Joe With Black Uhuru, Dennis Brown「Zion High」』の画像

今回はBunny 'Striker' Lee & Friendsのアルバム 「Next Cut: Dub Plates, Rare Sides & Unreleased Cuts」です。 Bunny 'Striker' Leeはレゲエの歴史に名を残す音楽 プロデューサーです。 もともとはレコード店の店主だった彼は、やがて レコードの制作に手を出すように
『Bunny 'Striker' Lee & Friends「Next Cut: Dub Plates, Rare Sides & Unreleased Cuts」』の画像

今回はPablove Blackのアルバム 「Charcoal Charlie 」です。 Pablove Blackはキーボード・プレイヤーとして、多くの アルバムに名前の刻まれているミュージシャンです。 今回のアルバムのプロデューサーのRoy Cousinsが居た グループThe Royalsの有名なアルバム「Pick U
『Pablove Black「Charcoal Charlie 」』の画像

今回はWinston Wrightのアルバム 「Liquidator Strike Back」です。 Winston Wrightは60年代後半のロックステディの時代 から活躍するキーボード奏者です。 Jackie Mittooと並んでキーボード奏者として有名だった 彼は、The Upsettersをはじめとする数々のグループで
『Winston Wright「Liquidator Strike Back」』の画像

今回はThe Ethiopiansのアルバム 「Engine 54」です。 The Ethiopiansはロックステディの時代から活躍する ヴォーカル・グループです。 Ethiopians (エチオピアンズ) 今回のアルバムは1968年にリリースされたアルバムで、 彼らのロックステディ時代の代表作「Tra
『The Ethiopians「Engine 54」』の画像

今回はLittle Johnのアルバム 「Give The Youth A Try」です。 Little Johnは80年代のダンスホール・レゲエの 時代に、シングジェイ・スタイルで人気を博した シンガーです。 ちなみにシングジェイ・スタイルとは歌とディージェイの トースティングとの中間的な歌唱法
『Little John「Give The Youth A Try」』の画像

今回はMarcia Griffithsのアルバム 「Play Me Sweet And Nice」です。 Marcia Griffithsはロックステディの時代ぐらいから 活躍する女性シンガーです。 若くしてStudio Oneなど多くのレコーディングの経験を 積んだ彼女は、当時恋仲だったBob AndyとBob Andy & Marcia G
『Marcia Griffiths「Play Me Sweet And Nice」』の画像

今回はHalf Pintのアルバム 「Greetings」です。 Half Pintは80年代に数々のヒットを飛ばした ダンスホール・シンガーです。 Half Pint (ハーフ・パイント) 今回のアルバム「Greetings」は、85年にリリース されたアルバムです。 全15曲で収録時間は54分0
『Half Pint「Greetings」』の画像

今回はKeith Hudsonのアルバム 「Too Expensive」です。 Keith Hudsonはレゲエの世界の中でも「異端児」と 呼ばれたシンガーであり、プロデューサーである人です。 プロデューサーとしてキャリアをスタートさせた彼は 1973年に自身のソロ・アルバム「Flesh Of My Ski
『Keith Hudson「Too Expensive」』の画像

今回はU Royのアルバム 「30 Massive Shots From Treasure Isle」です。 U Royはレゲエのディージェイ・スタイルを確立した ディージェイとしてよく知られています。 それまでもCount MachukiやKing Stittなど、サウンド・ システムで曲と曲の間や間奏部分で「掛け声係」
『U Roy「30 Massive Shots From Treasure Isle」』の画像

今回はJohnny Osbourneのアルバム 「Truths And Rights」です。 Johnny Osbourneは60年代のロックステディの時代から 80年代のデジタルのダンスホール・レゲエの時代まで、 息の長く活躍したシンガーです。 ロックステディの時代にはThe Sensationsのメンバーとして
『Johnny Osbourne「Truths And Rights」』の画像

今回はCultureのアルバム 「Harder Than The Rest」です。 Cultureはリード・ヴォーカルのJoseph Hill、 ハーモニーのAlbert WalkerとKenneth Paleyの3人組 ヴォーカル・グループです。 African Disciples(アフリカン・ディサイプルズ) という名前でキャリアをスター
『Culture「Harder Than The Rest」』の画像

今回はMad Professorのアルバム 「The Lost Scrolls Of Moses」です。 Mad ProfessorはイギリスのAriwa Studiosを拠点に 数々のアーティストのプロデュースや自身のダブの制作 などで活躍するプロデューサーです。 もともとレコード・コレクターだった彼は、若い頃に King
『Mad Professor「The Lost Scrolls Of Moses」』の画像

↑このページのトップヘ